11 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 01

6/15 試練の丹沢登山 一日目 

いやぁ~久しぶりの雨登山だったわ~

実に約5年ぶりの雨登山、場所は神奈川県の丹沢。
富士山に近く見晴らしもよく、山小屋も充実しているということで人気の山なようです。

一日目の軌跡~
180615aa.gif

さて、丹沢といえばヤマビルの巣窟。
しかも雨が降ると俄然元気になって襲い掛かってきます。
さあヤマビルとの全面戦争勃発!

5時半の飛行機で羽田空港、京急とJRを乗り継ぎ橋本へ、さらにバスを2本乗り継いで登山口がある相模原の焼山登山口に10時15分到着。
せっかく丹沢に行くのならピストンじゃなくて縦走だよね!
ってことで、目標は蛭ヶ岳~大山までのロングルートを一泊二日で駆け抜けるぞ!
DSC04340_R.jpg
しかし・・・登山開始から既に小雨。

林道をしばらく進んでいくと焼山への登山口に到着します。
DSC04342_R.jpg

が、ヤツは既に忍び寄っていたっ!
足元を見るとスパッツを登っていくにっくきヤマビル先鋒隊!
ってことで特製スプレーで攻撃!
DSC04343_R.jpg
よし一撃で仕留めたぜ。

気を取り直してこの危険地帯をさっさと抜けるで。
と、ここで誤算が。
やつら、足を止めたときに寄ってくるだけでなく、待ち伏せ戦法で石の上や根の上で待機してて近づくと体を乗り出し引っ付こうとする!
さらに湿度100%の小雨状態に雨具まで着てると汗が止まらない・・・
このせいで全然ペースが上がらないの。
もう生き地獄ですわ。。。

登山道自体はしっかりと整備されています。
DSC04344_R.jpg
が、次々に襲ってくるヤマビル軍団。
特製スプレー残量がみるみるなくなっていくんですが!
数分ごとに足を止めてはくっついたヤマビルを仕留めて進んで行きます。

辺りはこんな感じでガスガス。
新緑だから美しく神秘的なんだけど・・・常に足元を注意しないといけないので風景見る余裕がねえ!
DSC04347_R.jpg

一気に400m高度を稼いで滑落注意場所まで到着。
道自体実際大したことなかったけど、この時点でヤマビル7匹駆除。
ここを過ぎれば少し数が減るようですよ。
DSC04348_R.jpg

当初の予定時間より20分ほど遅れ焼山山頂の分岐に到着。
さらに3匹駆除。
DSC04353_R.jpg
幸いなことにこれ以降はヤマビルの襲撃はありませんでした。
特製スプレー2/3も使っちゃったぜ・・・

12時09分、スタートから1時間50分弱で焼山山頂到着!
しかしこの時点で雨足が徐々に強くなってきた。
当初の予定だとここで昼食なんだけどいつヤマビル軍団が来るか分からないので小休憩だけして出発します。
DSC04354_R.jpg

ここは丹沢主脈。すでに稜線まで登っているせいかアップダウンがあまりありません。
ここから先は快適でしたよ~(足元注意ね)
DSC04358_R.jpg

30分ほど進むと黍殻山(きびがらやま)分岐。
体力は既にかなり消耗しているけど主脈を通るんだからピークハントしないと!
ってことでショートカットせず山頂へ向かいます。
DSC04362_R.jpg

おおっと、道が悪くなってきたぜ。
傾斜もなかなかあるじゃないか。
DSC04364_R.jpg

うげ、いかにもヤマビル軍団が待ち伏せしてそうな草むら・・・
もうしーらない、駆け抜けちゃえ♪
DSC04365_R.jpg

分岐から10分ほどで黍殻山山頂到着!
うん、何もないし何も見えないね・・・(しいて言えば雨量計があったよ)
DSC04366_R.jpg

少し歩くと先ほどの登山道とぶつかるんだけど・・・
DSC04368_R.jpg
やばい足が攣った・・・
滝のような汗かいてたので水分不足かな(´・ω・`)
ヤマビルが怖いけど仕方がないのでしばらく休憩~

ここから先はまたまた傾斜が殆どない快適な登山道が続きます。
DSC04374_R.jpg

14時05分姫次に到着!
本当なら大パノラマが待ってたはずだけど・・・今回はしゃーないね。
DSC04380_R.jpg
焼山で20分計画から遅れていたけどここで何とか10分まで短縮できた・・・
あ、計画って言うのはコースタイムじゃなくて独自のタイム(コースタイムより短い時間設定)。
夏遠征の参考にしようと今回導入してみました。

見晴らしの良い姫次で宿に到着が16時ごろになることを伝えようとしたんだけど・・・
ドコモもauも繋がんねぇ!
てか登山口からほぼ繋がんねえんだけど!
これ以降も携帯がつながるところありませんでした。
データ通信は辛うじていけるかも?

遠景がダメなので近景を楽しむしかないね。
雨足はさらに強くなってきたけどこれくらいなら想定内だったので16時までに山小屋にいけるよう頑張るぞ!

松の緑が雨でさらに鮮やか。
蜘蛛の巣でより神秘的に・・・
DSC04385_R.jpg

蛭ヶ岳直下まできました。
ここから先は木道がずーっと続くよ~
DSC04395_R.jpg

お、今回見たかったサラサドウダンが辛うじて残ってた!
山頂は目の前だしテンション上がってきたぜ~
DSC04401_R.jpg

15時36分、山頂にある小屋が見えてきた!
山頂はもう目の前~
DSC04404_R.jpg

15時37分、蛭ヶ岳山頂到着!
ここまで登山客は誰一人とも会わず。
DSC04405_R.jpg

蛭ヶ岳山頂は晴れていたら眼前に迫力ある富士山が見られるんだけど今日は当然見えません。
参考までに蛭ヶ岳山荘ページ

田中陽希さんも言ってたけど、こんなときでもポジティブに考えるようにしてるんでこれくらいしょうがないさ~
山頂はうちが独占してるのだから(≧∇≦)

さて、予想通り雨風が強くなってきたので山小屋に退避します。
こんな日に登ってくるバカはうちだけだったようで今日は山小屋貸切!
DSC04407_R.jpg
そしてここで発表。
靴を脱いでヤマビルに血をすわれているか見てみると・・・
被害ゼロ!
山小屋のご主人からも、この気象条件でやられてないのはあっぱれ!と褒めてくれました♪

貸切なのでずぶ濡れになった服もストーブで独占で乾かせます(笑)
夕食は山小屋のご主人と2時間たっぷりおしゃべりし、途中ご主人持参のお酒を頂き楽しい時間を過ごせました。
DSC04408_R.jpg
夕食はカレーライス(ご飯おかわり自由)に好きなおかずを選べます(これもおかわり自由)。
ご飯山盛りついだあと、更におかわりしました(笑)

天候は過去の登山の中で五本の指に入るほど悪かったけど、その分楽しい時間がすごせたので満足した一日でした。
5年前の雨の浅間山のときはとにかく早く下山したい一心(カメラにSDカード入れ忘れてた挙句ipodtouchが水没故障)でしたが心に余裕ができたのかな。

ちなみに、山小屋は6~8月なら泊まる人が少なく快適に過ごせますよとのこと。
5月のゴヨウツツジ(シロヤシオ)、11月の紅葉の時は人で溢れるそうなので、静かに山を楽しみたい人は今がチャンスですよ~
あと、次に来るなら冬に来るといいよ!とのことでした。

さて、明日の天気は午後3時ごろまで雨予報、風は今夜は強いけど朝以降落ち着く予定。
明日は無理して大山まで行かず、無難に大倉尾根を通って早めに下山するかね。
ってことで予定変更。
ま、その大倉尾根(通称バカ尾根)もなかなかだったけどね~

[edit]

« 6/16 試練の丹沢登山 二日目  |  日頃の行いか »

この記事に対するコメント

山の名前も蛭ケ岳?!

おかえりなさい!
ぎゃっ!!
本当にヒルだ!!おーイヤだ。
楽しく記事を読ませてもらいました。読み応えありました。(^-^)
雨の中、レインウェアを着て、ヒル攻撃に目を光らせながら、せっせと歩くふぃずランドさんを想像して、夫殿と、「凄いねー、よく行くねー」を連発しました。察知能力が高く、かつ慎重なふぃずランドさんだからこそ、7匹の撃退、ひとつも噛まれずに済んだのでしょうが、私達だったら2,30か所はやられているに違いありません。
眺望が得られなくて残念でしたが、雨の松葉が綺麗でした。
さて、続きも楽しみです。

けいこたん #ebUHSh3g | URL | 2018/06/20 14:08 * edit *

Re: 山の名前も蛭ケ岳?!

こんばんは!
ヒルはもう嫌です(´・ω・`)
でも何事も経験ですね、被害ゼロでよかったです。
このルート、ソロで行くには何とかなりそうですが同行者いると経験次第で悲劇になりそうですね(´・ω・`)

ヒルはさておき、雨の登山も悪くないでしょ(笑)

> おかえりなさい!
> ぎゃっ!!
> 本当にヒルだ!!おーイヤだ。
> 楽しく記事を読ませてもらいました。読み応えありました。(^-^)
> 雨の中、レインウェアを着て、ヒル攻撃に目を光らせながら、せっせと歩くふぃずランドさんを想像して、夫殿と、「凄いねー、よく行くねー」を連発しました。察知能力が高く、かつ慎重なふぃずランドさんだからこそ、7匹の撃退、ひとつも噛まれずに済んだのでしょうが、私達だったら2,30か所はやられているに違いありません。
> 眺望が得られなくて残念でしたが、雨の松葉が綺麗でした。
> さて、続きも楽しみです。

ふぃずランド #- | URL | 2018/06/22 19:44 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fizzrand.blog90.fc2.com/tb.php/666-cdcb0c05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

最新記事

プロフィール

訪問者数

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

ブログランキング

検索フォーム