11 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 01

8/12 仙丈ヶ岳登山 二日目 

午前3時、昨夜の雨で絶望的かと思われた仙丈ヶ岳の朝駆け。
天気予報は曇りのち雨だったんだけど・・・


ってことで二日目の軌跡~
登りと違うルートです。
170812.gif

仙丈小屋からログを取りました。
170812jpg.jpg

これも日ごろの行いか、奇跡は起きた!

午前3時過ぎ、それまで濃霧だったが月の光が出るように・・・
そしてガスが取れ外は晴れ!
日の出は午前4時53分くらいだったんだけど待ちきれず3時半前に小屋を飛び出しました。
嫁も呼んだんだけど高山病なのか、小屋でゆっくりしたいということなので嫁の山頂は仙丈小屋ということにしてうち一人で山頂に行くことに。

満月に近い月明かり。ヘッドランプをつけなくても歩けるくらい明るかったです。
DSC03985_R.jpg

月明かりがあったとはいえペルセウス座流星群の極大が近いせいか、明るい流れ星が何個か流れました♪
吉兆かな~

ヘッドランプは途中で付けサクッと山頂到着。
かなり早く出たのでまだ山頂には誰もおらず貸しきり状態♪
しかも風が殆どなく半そででいられるほど快適!(待機用のダウン準備してるよ)
DSC03986_R.jpg

日の出一時間前、3時50分ごろの空。
わずかに色が変わってきた?
DSC03991_R.jpg
遠くに見えるのは八ヶ岳連峰、手前に見えるのが甲斐駒ヶ岳と鋸岳です。

4時を過ぎると小屋から続々と明かりがこちらに向かってきてました。
やはりご来光は山頂で見ておきたいね!
DSC04011_R.jpg

4時20分ごろの空。
これくらいの色が一番好きかな~
もう少しすると更に赤くなるんだけど雲が邪魔してたせいか思ったより色が変わらず(´・ω・`)
DSC04029_R.jpg
でもここまで晴れると予想してなかったので既に感動~

4時半過ぎ、もうかなり明るい。
甲斐駒ヶ岳付近からのご来光かな~
DSC04034_R.jpg

日の出の時間になっても雲が取れず、日の出から15分ほどたってようやくご来光!
待ってました、美しい!
いつのまにか山頂には20人以上いましたよ。
DSC04065_R.jpg

っと、今回の目的の一つ、仙丈ヶ岳からしか見られない光景を見ようじゃないか!
それがこちら!
日本一の富士山、二位の北岳、三位タイの間ノ岳が並んでワンフレームに入る場所こそ仙丈ヶ岳山頂!
DSC04044_R.jpg
これが見たかったのよね~
即嫁にLINE。体調がよければ一緒に来たかったんだけど残念。

そしてこれも見たかった、今まで登ってきた南アルプスの山が全部見えるのも千丈ヶ岳!
14年に登った北岳・間ノ岳はもちろん、15年に登った悪沢岳・赤石岳、16年に登った聖岳・光岳ぜ~んぶ見えちゃいます♪
DSC04046_R_20170825215224838.jpg
さて、塩見岳はまだ登ってないんだよね。
登山口から山頂までかなり長い山で有名なんだけどいつか登るよ~

本当はもっと明るくなった南アルプスの山を撮りたかったんだけど、山小屋で朝食を頼んでたの。
山小屋の管理人さんのご好意でご来光見てから食事OKということでしたがあまり待たせると迷惑だししょうがないね(`・ω・´)

すっかり明るくなり、また閑散とした山頂を後にします。
DSC04090_R.jpg

食事も終わり出発準備を整えていると小屋にも太陽が当たり始めましたね~
DSC04096_R.jpg

小屋からのご来光はこんな感じ~
DSC04101_R.jpg
天気予報はいつのまにか晴れのち曇り一時雨に変わっていました。
ここでも晴れ男を遺憾なく発揮できたようだな、フッフッフッ・・・

嫁のほうは深夜に高山病の症状が出たらしくなかなか寝付けなかったようです。
頭痛薬も渡して飲んだけど大丈夫かな~と心配でした。
ただ食事をしてからは顔色も良くなったので一安心(`・ω・´)

さて、帰りは別ルートで降りるよ~
小屋から出てすぐ、早速お花畑timeじゃ!
DSC04110_R.jpg
DSC04111_R.jpg
チングルマが目立っていたよ~

30分ほど歩いて振り返ると見事なカールにちょこんと見える小屋。
この後何度も振り返りました。素晴らしい景色です。
DSC04118_R.jpg

またまた振り返る。
名残惜しいぜ・・・
一泊したおかげで嫁も何とか小屋まで登れたし、絶景を見られたので満足。
嫁も喜んでいたので良かった!
DSC04123_R.jpg

・・・更に振り返る。
そろそろ森林限界が近いのでこれが最後かな~
嫁と仙丈ヶ岳、いい画だね!
DSC04128_R.jpg

雨の後なので葉には水滴がたくさん。
秋になると真っ赤になるんだろうな・・・行ってみたいね、アルプスの紅葉。
DSC04132_R.jpg
ライチョウ君には今回会えなかったなぁ、ここで会えたら120点だったんだけど(`・ω・´)

木々が徐々に出始め、シカ避けネット?の間をしばらく進んで行きます。
ここでもマイヅルソウなどのお花がたくさんありましたよ。
DSC04134_R.jpg

分岐に到着。
うちらは馬の背ヒュッテに向かうよ~
DSC04138_R.jpg

っと、ミネウスユキソウに会えた~
DSC04139_R.jpg
ここ以外で見つけられず。発見できてよかったぜ。

馬の背ヒュッテ近くでも何とか小屋と山頂が見えますね。
日が昇り雲も湧いてきましたね。
DSC04141_R_2017082521185094d.jpg

出発して1時間ちょっとで馬の背ヒュッテに到着~
ここでちょっと休憩。
うちはコーヒー、嫁はココアをいただきます♪
DSC04144_R.jpg

休憩後少し下ると更に分岐。
DSC04151_R.jpg

右が登りに使った5合目へ向かうトラバース、左が谷沿いを進んで北沢峠付近までいく藪沢ルート。
今回は右ルートを選択するよ!
DSC04156_R.jpg

っと、トラバース道とだけあって傾斜は緩いけど道幅はあまり広くないので谷に落っこちないよう気をつけないとね~
細かな登りと下りを繰り返します。
分岐から15分ほど進むと無人の藪沢小屋に出ます。
中を見るときちんと掃除されていました。
DSC04165_R.jpg

ここから先は大小の沢を何度も渡るよ~
たくさんあったよ~
嫁のことを考え傾斜のきつそうな谷ルートは避けたけどこっちもなかなか高度感あったよ~
DSC04172_R.jpg
うちは楽しかったけど嫁はちょっと怖い思いしたみたい。
予習ナシだからなぁ、ごめんよう。

すっかり植生も変わり、トラバースが落ち着いたところで・・・
DSC04179_R_201708252119356c7.jpg

5合目に合流!
DSC04180_R.jpg
ここから先はまた急斜面、嫁の負担軽減のためダブルザック連結!

マリオが食べて大きくなってる【毒キノコ】だね~
食べると死ぬよ(´・ω・`)
P_20170812_101412_vHDR_On_R.jpg



じっくり下っていき、さらに2合目からはまたまた傾斜の緩いトラバースルートを選択。
登りに使った道は2合目から一旦登らないといけないけどこちらは下り一辺倒。
P_20170812_111827_vHDR_On_R.jpg

最後は北沢峠のバス停近くに出て11時20分に下山!
下りも時間をかけ無事登山終了~
P_20170812_112150_vHDR_On_R.jpg

この後温泉に入り食事をし、宿の近くにある霧ヶ峰を目指すんだけど・・・
午後から雨予報の通り、霧ヶ峰は霧と雨でした・・・

あ、登山口まで行ったけど登ってないですよ。
時間があるときに挑戦してみたいね!

今回の遠征登山はこれにて終了!
翌日からは観光だよ~

[edit]

« 夏旅行 その後・・・  |  8/11 仙丈ヶ岳登山 一日目 »

この記事に対するコメント

富士山、北岳、間ノ岳

3つ一緒に見れるなんて、よかったですね。
晴れ男なんですねー。
大事なところでちゃんと太陽を味方につけている。(^^)😄
お嫁ちゃんと仙丈ケ岳の写真はナイス!!可愛い😍
高山病が可愛いそうでしたが、ふぃずランドさんのサポートで南アルプスを楽しまれたことでしょう。
2日間の山行、楽しく見せていただきました。

けいこたん #ebUHSh3g | URL | 2017/08/27 22:16 * edit *

Re: 富士山、北岳、間ノ岳

こんばんは!
目標はほぼ達成されたので良かったです♪
嫁とは一応小千丈ヶ岳山頂で記念撮影できたのでよかったです(`・ω・´)
もし次に二人で登るときはもうちょい標高下げて挑戦します!

> 3つ一緒に見れるなんて、よかったですね。
> 晴れ男なんですねー。
> 大事なところでちゃんと太陽を味方につけている。(^^)😄
> お嫁ちゃんと仙丈ケ岳の写真はナイス!!可愛い😍
> 高山病が可愛いそうでしたが、ふぃずランドさんのサポートで南アルプスを楽しまれたことでしょう。
> 2日間の山行、楽しく見せていただきました。

ふぃずランド #- | URL | 2017/08/30 22:36 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fizzrand.blog90.fc2.com/tb.php/630-619db8b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

最新記事

プロフィール

訪問者数

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

ブログランキング

検索フォーム