04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

8/11~8/14 南アルプス縦走 3日目  

13日午前3時。
ペルセウス座流星群の極大とほぼ重なっていたので流れ星がたくさん。
一つだけ火球のような輝く流れ星も見ましたよ♪

13日は光岳から茶臼岳まで戻り、そこから上河内岳、南岳を登って聖岳の麓、聖平小屋までのロングコース。
コースタイムは10時間ほど。気合入れていくぞ!

本日の軌跡~
160813-3_201608292357599f1.jpg

今回はトラブル無しでいけるのでしょうか・・・
160813-1_20160829235757b52.jpg


3時40分ごろに小屋を出発。
天気は快晴、下はガスかな?

っと、下り始めてすぐにガスの中に入っちゃった・・・
嫌な予感が。
イザルヶ岳分岐まで来たけどガスガス~
DSC03127.jpg

山頂までは10分足らず。
って山頂殆どガスの中じゃないか・・・
時々数秒だけ晴れることはあるんだけどなぁ・・・

その数秒の間に撮った富士山!
何だかんだで3日目にしてお目見えですな。
DSC03132.jpg

遠くに聖岳と上河内岳が見える~
明かりが見えるので既に行動してる人がいますね。
この時間から行動するとなるとTJARのランナーかな?
DSC03133.jpg

そして日の出40分程前から完全にガスの中に隠れてしまい、日の出時間まで待ってみましたが太陽が顔を出すことはありませんでした(´・ω・`)
イザルヶ岳から見るご来光はそれはそれは素晴らしいと聞いてただけにガッカリ・・・
いつかリベンジしたいな~
DSC03136.jpg
ちなみに管理人さんから、光岳へ向かう途中の分岐付近から見るご来光と富士山が一品と聞きました。
これもいつか見てみたいな~

残念な結果になっちゃいましたがまだまだ楽しみはあるので気を取り戻してまずは茶臼岳まで戻ります。
行きは急登だったけど今度は急降下~
痛めてる右足にダメージがくる~
北アルプスから数えると登山7日目。さすがに両足にダメージが蓄積しています。
DSC03141.jpg

行きはあまり撮らなかったコケやキノコの森を十分堪能しました。
DSC03146.jpg

6時22分に易老岳到着。
ここまでは順調。
DSC03148.jpg

深い森から突然出てくる立ち枯れの森はやっぱり神秘的。
ちょっと天気が残念だね・・・
ちなみにこの日も天気予報は曇り時々晴れ。天気は夕方以降不安定とのこと。
DSC03150.jpg

希望峰への急登直後にあるカメラ落下場所を7時11分に通過。もう落とさないぞ。
DSC03152.jpg

辛い急登を一気に登って7時33分に希望峰到着!
コースタイム4時間のところ2時間半でぶっ飛ばし!
それだけ早く上河内岳に行きたかったのです。
あ、あと雷雨が怖いからね~
DSC03156.jpg

希望峰から30分ほどで茶臼岳到着!
希望峰からコースタイム半分!何か調子いい!
DSC03161.jpg
ここまで休憩無しで頑張ってきたのでここでたっぷり大休憩~

8時半に茶臼小屋分岐点に到着です。
しかしこのガス・・・
DSC03166.jpg

15分ほど歩くと上河内岳がきれいに見えた場所なんだけど・・・
うわぁ・・・
DSC03169.jpg
初日に保険として撮っといて正解でした。
一日目に撮らなかったら一生後悔してたな。

見えそうで見えない上河内岳。
こうやってみると神々しいかな(`・ω・´)
DSC03171.jpg

どんどん進んでいくと今回お初のタカネマツムシソウの群落に出会いました♪
DSC03173.jpg

再びガスの中。
奇岩竹内門はいい目印になりますね。
DSC03175.jpg

奇岩竹内門から20分、ついに上河内岳の肩まで着ました。
ここからはサブザックに切り替え上河内岳山頂を往復します。
DSC03179.jpg

おっ、急に空が晴れてきたぞっ!
テンションMAX!一気に登ります。
DSC03180.jpg

20分ほどで山頂が見えてきた~
そして去年からずっと登りたかった上河内岳登頂!
歓喜のジャンプ!(TAKE6)
DSC03188.jpg
もうめっちゃ嬉しい。
言っちゃ悪いが光岳より10倍は嬉しかったかも。
なぜこの山が百名山じゃないんだー!!
多分聖岳や赤石岳が近くになかったら選ばれてそうなんだけどね。
品がありつつ威圧感のある立派な山でした。

山頂でたっぷり休憩(というかジャンプしすぎで疲れた)した後に南岳へ向かいます。
途中ちょっとだけガレてるところが。今回こういうのあまりなかったから注意して通過しないと。
DSC03196.jpg

南岳への登りに差し掛かると今度は一転、一面お花畑が広がってました。
トリカブトもいっぱいですな~
DSC03197.jpg

今期お初のタカネナデシコ~相変わらず綺麗だ。
DSC03198.jpg

去年も見たねイワオウギ。
DSC03199.jpg

白いホタルブクロかな。
DSC03201.jpg

こっちはタイツリオウギの種かな?
イワオウギとよく似てる花だから見分けが難しい・・・
DSC03202.jpg

これはハクサンイチゲ・・・じゃないね。
コウメバチソウかな。かなりの群落でした。
DSC03203.jpg
他にもヨツバシオガマ、タカネヤハズハハコ、チシマギキョウなどが咲いてました。

ちなみにお花畑は結構な崖にあったんだけど、登山客とすれ違うときに浮石に足をとられがけ下ダイブ寸前でした・・・
とっさに体を回転してしりもちだけですんだけどすれ違った人かなり焦ってました。意外にうちは冷静だったんだけどね(`・ω・´)
まぁ気を抜かずいけってことだね。

10時46分に南岳登頂~
さっきのスリップで捻挫した右足首の痛みが悪化したんだけど(´・ω・`)
ここで再び休憩します。
DSC03213.jpg

ここから先は再びガレ場。
ここはあかん。スリップしたら命はないぞ~
DSC03218.jpg

崖地帯を抜けると徐々に高度を落とし、ハイマツと潅木の境目まで来ました。
境目が凄くはっきりしてるんだけど何でこんな風になるんでしょうね?
DSC03224.jpg

ずっとガスの中だったのでいまいちどこにいるか分からんね。
途中方位と登山道の様子から大体この辺かな~って予想しながら進んでいきます。
GPS使えれば楽だけどスマホをドコモからMVNOにしてA-GPSが機能しなくなりGPSのつかみ具合が最悪でほぼ使えない状態に。
こういうときのために読図はちゃんと勉強したよ♪

どんどん歩いて11時50分に聖平分岐に到着!
DSC03227.jpg

あとはこの木道をスキップして歩けば・・・
DSC03228.jpg

11時55分に聖平小屋到着~
目標としてた12時にぎりぎりついた~
DSC03229.jpg
ここの名物はウェルカムフルーツポンチ!
疲れた体に甘いものは効く~

食事をした後、見知らぬ登山客数名と酒盛り開始。
皆さん経験豊富だけあって色んなお話を聞けました♪
夕食のときにもおじさんからワインをおごってもらいがっつり飲んじゃいました(≧∇≦)
やべぇ、普段こんなに飲まないからよっぱだわ~
こりゃあ爆睡だわ~
あ、ここでもTJARの取材があり知らない間に撮影始まってたのでさりげなく映りこんでるかも・・・

さて、明日は最終日。
気になったのは天気。
入り口にあった天気予報には朝のうち霧一時晴れ、午後から霧もしくは雨。
天候はいまいちで明後日以降も雨予報みたい。

明日は2,000mの下りに加え800m超の登り、更には13時までに下山しないとバスに乗れないという超シビアなスケジュール。
去年一昨年と2,000mの下りは嫌だって言ってたけどハードルが跳ね上がったわ。


[edit]

« 8/11~8/14 南アルプス縦走 4日目  |  8/11~8/14 南アルプス縦走 2日目 »

この記事に対するコメント

こんばんは!!!

あのですね~~
もうですね~~
記事を読んで、目の前に流れる写真を見て、それだけで疲れるか、またはハイになりました。

歓喜のジャンプ、いいですね!

けいこたん #ebUHSh3g | URL | 2016/09/06 20:39 * edit *

Re: こんばんは!!!

こんばんはっっ!

この日は生憎の曇り空でしたけど上河内岳を登るときに晴れ間が出た瞬間気分は一気に最高潮でしたよ~
他の山でもありましたが、雲にずっと閉ざされていた山頂が唐突に姿を現したときのテンションの上がり具合は半端無いです!
山頂に2人ほどいて休憩してましたけど無視してジャンプ繰り返してました(TAKE6)
この人やけにハイテンションだな~って思われてるでしょうけどかっこいい上河内岳を登ったんでこれくらい当然!
南アルプスに行く機会があればまた登りたいですね。
次は晴れた日に!

> あのですね~~
> もうですね~~
> 記事を読んで、目の前に流れる写真を見て、それだけで疲れるか、またはハイになりました。
>
> 歓喜のジャンプ、いいですね!

ふぃずランド #- | URL | 2016/09/06 22:38 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fizzrand.blog90.fc2.com/tb.php/584-1c8db273
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

最新記事

プロフィール

訪問者数

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

ブログランキング

検索フォーム