05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

8/11~8/14 南アルプス縦走 1日目 

さあやってまいりました南アルプス!
前日の槍穂縦走後ほぼノンストップで高速&長い下道を通って南アルプス玄関口の一つ、沼平までやってきました。
ここは去年悪沢岳・赤石岳縦走時に通過した懐かしの道。

今回の目的は赤石岳より更に南、光岳と聖岳の踏破!
ちなみにそれより楽しみにしていたのは二百名山の上河内岳。
以前ネットで写真を見たとき、この山はかっこいい!と感動し、今回北アルプス縦走後に無理にでも南アルプスへ行きたいと思ったのでした。
同じ南アルプスでも仙丈ケ岳や塩見岳のほうが松本市からアクセスが楽なんだけど、敢えてここへ行くぜ!

初日の軌跡~
実は初日の小屋にザックを置いた後サブザックで更に奥までいってるので実際はもう少し距離があります。
160811-3.gif

北アルプスの集中力・技術力に対し、南アルプスは体力勝負。
初日の地獄の登りをコースタイムの3分の2でぶっ飛ばしました・・・
理由は後ほど。
16081-1.jpg

朝5時に起床し北アルプス用の装備から南アルプス用の装備へ入れ替えたり準備をやってると日が登り、なんだかんだで6時25分ごろに登山開始。
北アルプスは最小限の装備ということで45Lザックだったけど今回は食料ほぼ全て持参しないといけないのとデジイチなどの機材が沢山あるので60Lザックでのアタックに。
重量も一気に重たくなったぜ~

6時25分ごろ、去年乗った懐かしのバスが通り過ぎて行きました。
DSC02901.jpg
今回、あれは長い・・・と驚愕した畑薙大吊橋まで歩いていき、そこから周回するルートを選択しました。

当初計画では8/12~14の3日間で南アルプスを縦走する予定でしたが初日の行動時間がコースタイム15時間、標高差2,500mと超が5個くらいつくほどハード。
北アルプス縦走が予備日を使わず予定通りクリアできたので北アルプスの予備日を南アルプスへ当てました。
ってことで初日はコースタイム7時間半とかなり楽になりました♪

まずは右奥に見える稜線付近まで一気に登っていくことになるのかな~
DSC02902.jpg

30分ほど歩いてるとでました、初日最大の肝試し会場、畑薙大吊橋!
長さ約180m、足場は40cmほどの長い長い吊橋。
DSC02906.jpg
歩き出すと・・・
ゆれる!めっちゃゆれる!
後ろから人が歩き出して更に揺れる!
てかバウンドしてる!

高さは数十メートルはある湖の上。
一番最初から試してくるね~
緊張の数分間でした。

ちなみに当初予定ではここを午前3時に通過予定、当然真っ暗。
行かなくてよかった・・・

無事橋を渡り終えると急登が待ち構えてました。
100mほどだけど一気に登るぜ!
DSC02907.jpg

ヤレヤレ峠到着~
ここから下り。
最初の上りがチャラになるほどの下りだった。
ヤレヤレだぜ。
DSC02911.jpg

下り続けると沢へ降りてきました。
DSC02914.jpg

ここから4箇所ほど橋を渡ります。
この橋はちょっと古そうで揺れるし、揺れで近くの腐った木が折れて沢へ落ちたりとなかなか体験できない経験をしたぜ・・・
DSC02920.jpg

出発して1時間35分でウソッコ沢小屋到着~
調子がいいのかコースタイム50分も短縮してた。
DSC02925.jpg

さあ、ここからが本番。
地図には急坂と書かれてて、等高線を見ると半端無いほどきつそう。
北アルプスと違い標高が低いので気温が高く汗の出方も酷い・・・
DSC02927.jpg
ペースがっつり落とすかな・・・なんて思ってると先ほど抜いた方に抜かれちゃいました。
聞くと今日中に聖平小屋まで行くとのこと。うひ、コースタイム13時間コースだね。
更に後ろからも抜いた人に追いつかれ同じく聖平まで行こうかと思ってるということでした。

ってことでここで何故か火が着いてしまった。
このペースで行けば午後5時くらいまでに光小屋いけるんじゃね!?と。
南アルプス、しかも南部を歩く人はガチ勢が多いだろうなと思ってたけど歩く人みんなガチばかり。
体力はあるほうだけどやはり上には上がいるね~
3人で抜きつ抜かれつ歩いたけど最終的に2番手でした(`・ω・´)

道中こんな物凄い急な階段もあり・・・
DSC02929.jpg

心が折れそうなくらいの急登が延々と続いたけど休憩ポイントの中の段まで何とか来れた!
ちなみにこの間にTJARのトップ選手、望月選手と会いました。
丁寧に挨拶していただき、ずれていた三脚も直してくれるほどの余裕っぷり。
最終的には断トツトップ、大会新記録でゴールしたそうです・・・
(詳しくはTJARのホームページを見てねん)
DSC02933.jpg

ここから先も長い長い急登が待ってました。
少しだけこんな感じでゆるくなるところもあったけど、基本は尾根をほぼ直登。
つらいところだけどこれを越えれば横窪沢で休憩できるぞ~
DSC02934.jpg

上りがやっと落ち着いたところで標識が。
もうちょいかな!
DSC02935.jpg

お、横窪峠から小屋が見えたっ!
峠を少しだけ下れば小屋みたい。
思わず走りたくなるぜ!
DSC02938.jpg

9時20分ごろ、なんとか横窪沢到着!
ここはザックを降ろして休憩だぜ・・・
宿の方から冷たいお茶を頂き生き返る~
更にコーラ一気に飲み干しました(笑)
DSC02941.jpg
一期一会、いい言葉です。

そしてここで気になる情報が。
ずっと晴れだと思ってたけど明日は天気が悪いらしい・・・
やっぱり無理をしてでも今日一気に光小屋まで行って一日停滞するか?なんて考えてました。

ここから先もジワリとした上りや急登と体力をがんがん削ってきます。
実は前日の前穂からの下りで更に筋肉痛になっていたのと、足を捻った箇所の痛みが増してきたのでまた捻らないよう応急処置をして登っていきます。
それでもペースはやや速めかな?光小屋までいけるとまだ諦めてなかったので(`・ω・´)
DSC02945.jpg

展望ベンチ付近で振り返るとあれは大無間山かな?
DSC02947.jpg

座って下さいといわんばかりの倒木ベンチさん、残念だけどあなたには頼らず先を進んじゃったよ。
DSC02950.jpg
この先にあった水場では顔を洗ったけどねん♪
(涸れることが多いそうですが出てました)

この間、あまり花を見なかったけどこいつだけ何故か目に焼きついたので撮影~
去年見たシャクゾウソウか?と思ったけど何か違うし・・・ラン系なのかな?
DSC02954.jpg

ひたすら上り、とにかく上り、辛いけどいつかは稜線に出るさ~
DSC02955.jpg

樺段到着!
標高は2,200mくらいかな。
茶臼小屋まであと約200mか!
DSC02956.jpg

ここまで来ると植生も変わってきます。
所々日が射しているところには高山植物がいっぱい!
えっと、ミヤマアキノキリンソウと思ったけど違うね、これなんだろう。
DSC02960.jpg

コースタイムを大幅に短縮しながら登っているので疲労も半端なかったけどあと10分という標識を見て元気が出ました(≧∇≦)
DSC02963.jpg

最後には森林限界を突破します。
標高2,400m、南アルプスだけど森林限界が低いね、なんでだろう。
なんて考えてると、おぉ~茶臼小屋が見えた!
DSC02967.jpg

11時25分に茶臼小屋に到着~
食料持ってきてたけどちゃんとした飯が食いたいわってことでチャーハンを注文、デザートはなんとスイカ!
疲れた体に甘いものはなんでもご馳走。
こんなところで冷えたスイカを食べられるなんて幸せだ!
DSC02972.jpg

ここで再度明日の天気を確認。
天気は悪いものの雨は降らなさそう、ただし明後日から寒気が入り大気が不安定になるとのことでした。
食事をしながら悩んだけど結論は・・・

ここで一泊!
やはり無理をしてるので体がだるいのと足の調子も良くなかったのでリスクを考え一泊が賢明かな。
ちなみに全ての日程で13時には目的地に着くようにしてる。
雨が降る前に目的地に着けば無問題さ~っていうのが最終的な判断。
これが吉と出るか凶と出るか・・・

休むと決めたらゆっくりしたいけど、周辺は見事なお花畑。
特にトリカブトの群落は圧巻でした。
イブキトラノオも小屋周辺では目立ってましたよ。この花を見るとくじゅうを思い出すぜ。
DSC02974.jpg

時刻は12時半。
空を見てても今日は天候が荒れそうに無いので保険のためちょっと先まで行って一番撮りたい写真を撮ってくるかね~
ってことでサブザックで上河内岳の撮影ポイントへ向かいます。
10分ちょっと歩くと稜線に出ました。
そしてここでも唐突に姿を現す聖岳、奥には荒川中岳避難小屋っぽい建物も見えました。
3,000m越えの峰峰が連なる迫力満点の眺望!
登ってきてよかった!
DSC02979.jpg

ここから15分ほど歩くと上河内岳がその全貌を現します・・・
一番見たかった上河内岳は・・・
DSC02983-2.jpg
おぉ・・・かっこいい。
見事なピラミダルな形に荒々しい岩肌、そして周辺の風景全て含んで一つの作品のよう。
ここで30分以上じっくり腰をすえて色んな写真を撮りました。

もうちょい先に行くとまた違った形が見えるみたいなので更に登っていくと間近に迫った山容。
ここもすんばらしい~
本当は明後日通る道だったけどフライングしてでも見て良かったわ。
DSC02998.jpg

気が済むまで写真を撮って振り返ると明日の目標地点、光岳と光小屋が見えました。
意外に距離残ってるけど辛いところは今日クリアしたので明日は大丈夫でしょう!
DSC03003.jpg

分岐点に戻ろうとするとNHKの撮影隊が待機中。
もう少しで2番手の選手が通過するとのことでした。
後ろの山は明日ご来光を見る予定の茶臼岳です。
DSC03013.jpg

撮影隊と一緒に待ってると、おっ2番手の選手がやってきました。
さりげなく北アルプス初日ですれ違ってます(`・ω・´)
こっちは車使ってるのにどうやったらここまで来れるんだ・・・怪物ですわ。
DSC03017.jpg

選手の後を追って撮影隊は小走りで下っていきました。
撮る人も凄い技術と体力がいるんでしょうね。
うちもゆっくり戻ります。
DSC03018.jpg

時刻は14時半。とりあえず昼寝して疲れを取ろうとあとは小屋でゆっくり休憩。
夕食は自炊したっぷり食べて明日への英気を養います。
明日の行程は最も短い7時間程度。短くても気が抜かないようにしないと!


が、翌朝血の気が引くトラブルが発覚するとは・・・
更に取り返しのつかないトラブルをやらかしました・・・

[edit]

« 8/11~8/14 南アルプス縦走 2日目  |  8/8~10 槍穂縦走 3日目 奥穂高岳~上高地編  »

この記事に対するコメント

こんばんは!

ふぃずランドさんが見たかったという、上河内岳!
本当にカッコいいし、堂々と美しい!
本物はどんなにか~~と、思います。
崖の北アルプスと違って、森や花を楽しませてもらえる南アルプス、と思っていたら、とんでもないわけで、急登や階段!
そして、速い速い~~!!

けいこたん #JgsEm/fE | URL | 2016/09/06 20:22 * edit *

Re: こんばんは!

こんばんは!
緑溢れる南アルプス、一筋縄では行かない急登の後に見た上河内岳は素晴らしいの一言でした。
集中力と技術力はまだまだ荒削りですけど体力だけはそこそこついたのかな?
カメラ合わせて18kgの装備でしたけどガシガシ登れて楽しかったですよ♪
もっとゆっくり登って楽しもうやというツッコミはいりそうですけどね(笑)

> ふぃずランドさんが見たかったという、上河内岳!
> 本当にカッコいいし、堂々と美しい!
> 本物はどんなにか~~と、思います。
> 崖の北アルプスと違って、森や花を楽しませてもらえる南アルプス、と思っていたら、とんでもないわけで、急登や階段!
> そして、速い速い~~!!

ふぃずランド #- | URL | 2016/09/06 22:25 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fizzrand.blog90.fc2.com/tb.php/582-1f4be747
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

最新記事

プロフィール

訪問者数

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

ブログランキング

検索フォーム