08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

3/12 大崩山登山 後編 

今回の軌跡~
160312.gif

標高差はそこまでないけど手足フルに使っての登山なので数字以上にきついです。
160312-1.jpg


山頂で少し休憩の後りんどうが丘に向けてしゅっぱーつ!
この分岐は坊主尾根へ進み・・・
DSC01813_R.jpg

斜面を一気に下ってもういっちょ分岐。
これは左のりんどうが丘へ~
DSC01816_R_20160314195102929.jpg
しまった、こっちから行くと登りだった~(´・ω・`)
途中凍った沢を通り抜け・・・

りんどうが丘に到着!
DSC01818_R.jpg

いやぁ~絶景かな~
ここも誰もいません・・・
DSC01819_R.jpg

ご飯がないのでデザートが今回の主食です。
疲れた体に甘いものは染み入るねぇ~
DSC01820_R.jpg

中湧塚に人発見!
こうやって見るとやっぱりスケールがでかいことが分かります・・・
OPS22897_R.jpg

ちなみにこの付近の水溜りは融けかけていたもののまだほとんど凍ってました・・・
20分ほど休憩し小積ダキへしゅっぱーつ!
途中見晴らしのいいところがあるんだけど斜面かなり凍ってたので際までいけません(´・ω・`)
DSC01833_R.jpg

小積ダキの分岐に到着♪
とりあえずまっすぐ行って象岩の様子を確認っと・・・
DSC01835_R.jpg

うーん、この時間で日に当たってないってことは通行できるか怪しそう・・・
凍ってるかここじゃ分からないので近くまで行ってみます!
DSC01836_R_20160314195120bf3.jpg

分岐を進み長いロープを下ると・・・
DSC01840_R_20160314195130d27.jpg

象岩トラバース到着!
DSC01841_R.jpg

付近は凍ってはいるものの歩行に問題はなさそうだ。
DSC01842_R.jpg

グリップ効く足場なので凍ってさえなければ進める!
DSC01843_R.jpg

無事通過~
振り返るとさっきまで居た小積ダキの迫力に押されます・・・
DSC01845_R.jpg

一つの難所が過ぎてもひたすら次の難所がでてきます。
ここからは梯子&ロープラッシュ!
途中で数えるのやめたけど20箇所以上はあったぞ!
DSC01847_R.jpg

ここ、高所恐怖症の人は鬼門かも。
岩の上をロープ伝いに歩いてると梯子が出てくるんだけど、ジェットコースターのように下が全然見えない。
梯子が途中で角度を変えてるので直前まで下が見えない上にかなりの高低差があります。
DSC01854_R.jpg
下から覗くとこんな感じ~

大岩の間をすり抜けます。うーんアドベンチャ~
DSC01857_R.jpg

この2m以上の段差は難儀しました・・・
狭くてザックが引っかかる・・・
ここは力ずくで登ったけど足攣りそうだった(´・ω・`)
DSC01860_R_2016031419515129d.jpg

ここを越えると見返りの塔に到着!
ここが最後の展望場所~
目に焼き付けておこう!
DSC01862_R.jpg

坊主尾根のシンボル、坊主岩も見えてきました。
DSC01863_R.jpg

見返りの塔の横にある道を進み・・・
DSC01865_R.jpg

またまた梯子ラッシュ・・・
DSC01866_R.jpg

下ってたらいきなり足場が無くなった!?
ゆっくり下ってたのでもう一方の足で踏ん張れたけどこれは嫌なトラップだ(´・ω・`)
DSC01867_R.jpg
この梯子、うっすら字が書かれてたので読んでみると1980年代後半(1987年だったかな?)に設置されたようです。
こいつ、何万人もの登山客の助けになってるんだね~

坊主岩が近づいてきた!
DSC01869_R_2016031419520848b.jpg
この後坊主岩の真横を通りますよ。
凄い迫力です。

この後も梯子ラッシュ。
2つの梯子の連係プレイもあり、
DSC01870_R.jpg

梯子&ロープの連係プレイもあり。
梯子をそのまま下ると崖に落ちちゃうので途中でロープに乗り換え~
DSC01872_R_20160314195221714.jpg

てかここ足を引っ掛ける場所が無く地味に怖かった・・・
DSC01874_R_20160314195223e76.jpg

おー、やっと分岐点まで降りてきた~
これで楽かな~なんて思ってると・・・
DSC01877_R.jpg

全然楽じゃない。
てかここも急すぎて後ろ向きに下りるところ多数・・・
久しぶりに三点支持全開で登山してるから明日は確実に筋肉痛ですわ(`・ω・´)
DSC01879_R.jpg

急斜面終わったぁ~~~
右側から沢の音が聞こえてくるところまで下るとたくさんのケルンが道案内をしてくれるようになりました。
DSC01884_R.jpg

沢伝いに進んでいくと祝子川にぶつかったぁ~
ゴールは後ちょっと!
ここが最後の渡渉点。
渡れないことを想定して渡渉用の靴も準備してたんだけど・・・
水量が少なかったのか、3年前渡れなかった所がそのまま渡れました(≧∇≦)
DSC01887_R.jpg

渡渉完了!
目の前はもう大崩山荘!
DSC01888_R.jpg

ふぃ~ここまで戻ってきた。
ここでりんどうが丘からずっと背負ってたザックを降ろして休憩~
DSC01890_R_201603141952392e8.jpg

休憩中に近くを散策。
椿が日に当たり真っ赤になってて素晴らしい・・・
DSC01895_R.jpg

ここからは20分ほどで登山口まで戻れました。
当初予定では15:30下山予定でしたが飯抜きのせいか昼食時間が短かったので14:50ごろに下山完了!
DSC01898_R.jpg
登山口でもドコモの電波通じてたので妻に下山報告~

〆は温泉だよね!
DSC01901_R.jpg

この後大分の嫁の実家で一泊することになりました。
疲れたけどやっぱり大崩山は感動の連続だった!
また行きたいね!

[edit]

« 3/20 英彦山峰入り古道縦走  |  3/12 大崩山登山 前編 »

この記事に対するコメント

こんばんは!

テレビや人様のブログからも、大崩山はとんでもない山だと認識しています。
秘境、危険、岩峰、難易度高、彷徨、などの言葉と共に紹介される大崩山に登られたのですね。しかも、独りで!!
圧倒的に凄い!
そして、その息を飲む眺望を、ため息を飲み込みながら写真で楽しませていただきました!(*^^*)

けいこたん #ebUHSh3g | URL | 2016/03/17 19:30 * edit *

Re: こんばんは!

こんばんは!
大崩山は確かに普通の山と比べると難易度は高いですが、山に慣れた人と一緒に行けばけいこたんさんの体力なら行けますよ!
ここは道迷いと体力不足による下山中の事故が怖いところですけど、ルートは先導者に任せてもらって、技術は三点支持さえ守れば何とかなります。
体力もけいこたんさんなら問題ないと思いますよ。腕めっちゃ使うので筋肉痛になるかもですが(笑)
ちなみに今回ヘルメット装着してますけど、ぶっちゃけヘルメットして登山する人少ないです。
うちは夏遠征で使うのでどんな感覚か確認したかったので装着してみました。
間に速乾タオル挟めば快適でした!

山頂まで行こうとすると登山時間がかなりかかりますが、湧塚尾根往復や坊主尾根周回ならもう少し時間を短縮できると思います♪
アルプスに行けば多くの絶景が待ってますが、それに匹敵か凌駕する大崩山は一度は行ってみるべきですよ!


> テレビや人様のブログからも、大崩山はとんでもない山だと認識しています。
> 秘境、危険、岩峰、難易度高、彷徨、などの言葉と共に紹介される大崩山に登られたのですね。しかも、独りで!!
> 圧倒的に凄い!
> そして、その息を飲む眺望を、ため息を飲み込みながら写真で楽しませていただきました!(*^^*)

ふぃずランド #- | URL | 2016/03/18 20:58 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fizzrand.blog90.fc2.com/tb.php/552-c1aaff5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

最新記事

プロフィール

訪問者数

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

ブログランキング

検索フォーム