09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

1月10日 登り初めはやっぱりくじゅう! 

去年機会を逃しまくりくじゅうにあまり行けなかったため、今年の登り初めは是非くじゅうへ!
と決めていたんだけど・・・
1月5日に何と急性腸炎と持病の頭痛が悪化し6~7日は地獄の状態が続き、8日まで高熱、9日も酷い下痢と状態は最悪。
こんな状態でくじゅう行けないよね(´・ω・`)
って思ってたけど9日からトイレに行く間隔が延びたため何とかいけると判断し、くじゅうへ行ってきました。
とはいえ当初予定を大幅に変更し、赤川登山口から扇ヶ鼻へのピストンへ。
前日から自然を歩く会のメンバーがくじゅうを縦走しており、扇ヶ鼻から赤川へ下るということだったので扇ヶ鼻で合流しよう!
っていう魂胆もありました♪

しかし体調も悪いためこれがなかなか大変な登山に(´・ω・`)

当初予定では赤川から久住山までを朝駆けしご来光を見て、久住分かれでメンバーと合流、星生山と扇ヶ鼻を登頂し赤川へ下るというものでしたが、さすがに夜間から登って体調が急変したらまずいので朝駆けはキャンセル。
その代わりこんなところへ行ってきました。

何年も前からの行きつけの日の出が美しい場所!
・・・今ではラピュタの道といわれすっかり有名になってしまい、この日も車が10台くらい停まり人も20人以上はいたと思う。
昔は2人とか3人でまったり撮影出来てたんだけどな(´・ω・`)
DSC01495_R.jpg

・・・えっと、日の出の時間をすぎても出てきませんね~
空が雲に隠れてしまい見えなくなっちゃいました(´・ω・`)
DSC01515_R.jpg

この日のラピュタの道です♪
ラピュタを感じたい方はダイナミックな雲海に浮かぶ7~8月辺りがお勧めですよ~
10月くらいになると絹のような神秘的な雲海に変わっていきます。
DSC01513_R.jpg

ちゃんとした駐車場はないので路肩に車を停めます。
県道沿いは車の通りがあるので側道に少し入ったほうが安全です♪
DSC01520_R.jpg

ちなみに登山口へ車を走らせ数分で雲の間から太陽が顔を出してくれました。
・・・もうちょい早く顔出してよ(`・ω・´)

8時半ごろ赤川登山口に到着!
やはりこちら側は車少ないね。
全部で7台くらいしか停まってなかった。
準備とトイレを済ませ8時45分に出発!あ、赤川温泉は冬季休業中でしたよ(`・ω・´)
DSC01522_R.jpg

今回はシンプルに扇ヶ鼻ピストンなのだ!
しかしここの登山道は一筋縄ではいかないのは知ってる・・・
DSC01523_R.jpg

辺り一面に霜柱が生え、パリパリと心地よい音を立てながら歩きます♪
とはいえやっぱり本調子じゃない。
とてもじゃないけどいつものペースでは歩けない・・・ザックは無駄に重いし、軽くすれば良かったわ~
高度計を見るといつもの2/3のペースでした。
まぁゆっくり行っててもメンバーに会えるだろうし、途中で会ったらここが山頂だ!っていって戻ればいいし~
って感じで超お気軽な気分でした(笑)

途中アセビ?のトンネルを通ります。
足跡を見ると先行者が一人いそう。
このペースじゃ追いつけないだろうけど、この静けさ、多分誰とも会わずに山頂に行くんだろうな~
DSC01527_R_20160112224109614.jpg

1/3ほど登ると一気に視界が開けます!
そうそうこれ!
冬はやっぱりこれでしょ!
いつもの久住山と比べると白味が足りないけどやっぱり白いくじゅうが好き。
DSC01528_R.jpg

そして目の前にこれまた真っ白な扇ヶ鼻!
テンション上がる!
DSC01534_R.jpg
ここで少し前に先行者を発見しました。
とはいえペースは上げられないので追いつくことは出来ません。
まぁ今日はゆっくり登ると決めてるし、体もそう言ってるしのんびり行こうじゃないか。

どんどん標高を稼ぎ、ついに霧氷の境目へ。
ここから上はモノクロの世界へ変わっていきます。
DSC01535_R.jpg

ちょいとモノクロじゃないけどいいねいいね~
やっぱり雪を見ると興奮します(笑)
DSC01539_R.jpg

どんどんモノクロの世界へ引き込まれていきますね~
テンション上がる~
DSC01540_R.jpg
しかし風が強いな(´・ω・`)

そして次第に傾斜がきつくなり、辺り一面霜柱の登山道をよじ登っていきます。
・・・気温が上がれば下りはどうなるか、もうお分かりですね(`・ω・´)
DSC01543_R.jpg
ちなみに今日は午後から気温が上がる予報になっています。
早く下らないと地獄へ変貌します。しかもこっち南斜面だしね!

山頂付近で雲が取れモノクロから青と白と黒の世界に!
腹痛も忘れて写真撮影に没頭です・・・
DSC01544_R.jpg

おぉ~稜線にでたぁ~
何ヶ月ぶりのくじゅう連山だろう!?
連休の中日なのに歩いている人は少なめでした。
DSC01546_R.jpg

扇ヶ鼻に到着!
DSC01549_R.jpg
望遠レンズで周囲を探してるとちょうど星生山にメンバーが到着したようでした。
ってことでメール送ってうちはしばらくここで休憩~♪

が、寒い。
これがまた鬼のように寒い。
えーっと、気温は-2℃くらい、風速は5~8mくらいかな?
DSC01551_R.jpg

ダウンやウインドブレーカーもって来てたけど、真冬装備は車に置いてきてしまったので完全防備は出来ず。
岩陰に隠れてひたすらメンバーを待ちます、待ちます、待ちます・・・
うーん、来ない(´・ω・`)

来ないな~寒いな~ってことでとりあえず近くを散策しながら撮影タイム。
こっちは祖母山方面。
DSC01553_R.jpg

山頂近くの岩には見事なえびの尻尾。
DSC01554_R.jpg

おっと、もっと立派なの発見した~
DSC01555_R.jpg

しばらく見てると阿蘇も姿を現してきました。
DSC01563_R.jpg

えーっと、ガチで寒い。
普段使わないカイロを取り出して岩陰でビバークごっこをしてるとやっとこさメンバーがやってきました!
記念撮影をして下山開始です!

行きは一人でのんびりマイペースで登り、帰りはメンバーとおしゃべりしながら下るという2つの登山スタイルを一気に味わえたのでいいね~
そんな合間にも写真撮影です♪
長時間撮影は出来ないので1~2枚ささっと撮っては移動です。
DSC01566_R_20160112224151a19.jpg

さてスーパーでろでろ地獄に突入です・・・
もうね、これでもかというくらい滑るの。
DSC01568_R.jpg
しかしさすがベテランメンバーばかり。
何回転倒するかと楽しみにしてたけどみんな殆ど転倒せず。
そんなうちも転倒1と健闘しました(≧∇≦)
しかしこの登山道は地獄だわ・・・

見晴らしの良い地点で振り返り。
次回はもっと歩くぜ!
DSC01571_R.jpg
この後もスーパーでろでろ地獄は分岐点まで続き、緊張した下りでしたが無事下山完了!
温泉つかって食事してリフレッシュできた一日でした♪

[edit]

« 眠い  |  明けましておめでとうございます »

この記事に対するコメント

やはりくじゅうですね!

ふぃずランドさん、こんばんは!
初登りはやはりくじゅうだったのですね。
でも、体調は万全ではないようで・・・、
風邪などひいたりされませんでしたか。
扇が鼻での待ち時間が寒そうでした。(-.-)
これで風邪とか引いたら踏んだり蹴ったりになってしまう・・・

それにしてもやっぱりくじゅうの冬は綺麗ですね!
モノクロの世界から青と白と黒の世界にかわるところが素敵です!
でも黒って~?木の幹?ですか?
私だったら青と白しか目につかないでしょうね~~とほほで~~(^^)

しっかり元気を取り戻されたら、またガッツの登山をしてくださいね。
いいえ、違います!
ガッツの登山をされる前に、しっかり元気になってくださいね!!

けいこたん #ebUHSh3g | URL | 2016/01/13 22:04 * edit *

Re: やはりくじゅうですね!

こんばんは!
今はほぼ体調戻りましたが、連休中の体調はいまいちでした・・・
当日の気温や風速は冬山ではありがちな数値でしたけど久しぶりの冬山だったのでちょっと装備を見誤ってましたね~
気をつけないと。

モノクロ~は雪の白と木や岩の黒でモノクロっぽく見えます(`・ω・´)
木や岩には本当は色や濃淡があるんですけど、周りが明るいから黒く見えちゃうんでしょうかね~
とりあえず、無理しない程度に頑張ります♪

> ふぃずランドさん、こんばんは!
> 初登りはやはりくじゅうだったのですね。
> でも、体調は万全ではないようで・・・、
> 風邪などひいたりされませんでしたか。
> 扇が鼻での待ち時間が寒そうでした。(-.-)
> これで風邪とか引いたら踏んだり蹴ったりになってしまう・・・
>
> それにしてもやっぱりくじゅうの冬は綺麗ですね!
> モノクロの世界から青と白と黒の世界にかわるところが素敵です!
> でも黒って~?木の幹?ですか?
> 私だったら青と白しか目につかないでしょうね~~とほほで~~(^^)
>
> しっかり元気を取り戻されたら、またガッツの登山をしてくださいね。
> いいえ、違います!
> ガッツの登山をされる前に、しっかり元気になってくださいね!!

ふぃずランド #- | URL | 2016/01/15 21:49 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fizzrand.blog90.fc2.com/tb.php/540-5ba0c8d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

最新記事

プロフィール

訪問者数

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

ブログランキング

検索フォーム