09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

10/11 谷川岳登山 後編 

ふぃー仕事忙しい~
話は戻って11日の12時過ぎ。


トマの耳に無事登頂し、次に向かうはオキの耳、谷川岳の最高峰!
ちなみに谷川連峰の最高峰は仙ノ倉山で、谷川岳から7時間弱で行けるみたいです(今回は寄ってません)


12時20分ごろにトマの耳を出発しオキの耳へ向かいます。
が、まだまだ濃いガスの中・・・
距離的にはすぐのはずだけど先が見えない。


地図を見ると、右側はかなり切れ落ちてるようだけど眺望がないのでそんなに怖くなく進めました。

下りから上りに転じ、これが最後の上りかな?

山頂らしきものは見えないけど団体客が先に向かってて歓声が起こっており、その声が徐々に近づいてきました。

キター!
15分ほどでオキの耳到着!

山頂には団体客含め20人近くの大賑わい。
写真撮影に少し並ぶくらいの大盛況でしたが、団体客が去っていくと数名になり再び静かな山頂に。

そしてここでまた奇跡が起こりました。
北側、西側の雲が取れてきた!
目の前に万太郎山、そして特徴的な苗場山が姿を現しました!


これを皮切りに雲がどんどん取れ出し、つい先ほどまでいたトマの耳も姿を現しました。

風のバリアで南側(左)の雲が乗り越えられなくなってるようです。
ここがかの有名な上越国境、太平洋と日本海の風がぶつかるところなんですね~
午前中は南風だったけど、午後から北風予想になっていたためこんな現象になったのかな?

谷川連峰の最高峰、化け物の稜線の正体は仙ノ倉山でした。

うわぁ、これは縦走したい素晴らしい山容だ!
もう感動の連続です(≧∇≦)

下界の雲も取れた!
荒々しい稜線、見事な草紅葉、鮮やかな紅葉。ほほーこれはもう楽園ですね(@^▽^@)

相変わらず反対側は風のバリアで霧の中。
太陽はまだ雲に隠れてるけど、日が照れば初のブロッケン現象に逢えるか!?

稜線を超広角レンズで撮るとダイナミックに見えるね(`・ω・´)
逆光がまたいい感じに。


昼食を終え、再びトマの耳を横切ります。
目線には霧がないのに足元には霧が渦巻いてる。
バリアの境界部を歩いてるね。変な感じだ~


トマの耳直下まで来て振り返るとこれまた見事なオキの耳。
まるでダムのように雲を受け止めています。

残念ながら太陽が出てこず、ブロッケンとはならず!
こればかりは運だね~

この素晴らしい稜線ともお別れです。


肩の小屋まで戻ってくると、これまた大勢の登山客がいました。
午後から天気が好転する予報でしたがその通りになりましたね!


肩の小屋から下山を開始すると再び稜線に雲がかかってきました。

幸いなことに稜線から下はガスがかからず。

行きは全く見えなかったけど、天神尾根ってこんなに凄いところだった!

すっごい見晴らしいいのね~
見事な紅葉だ!

前に歩いていた登山客が初心者のようで、岩場で時間をかけて降りていましたが、その時間こちらは紅葉撮影会。
スタート地点の天神峠が見えました。こんな風になってるのね。


避難小屋を過ぎ、谷川岳を左に見ながら下っていきます。
この付近の紅葉が一番きれいかな?


どこを見ても鮮やかな紅葉です(≧∇≦)


天神平近くまで下ってきました。
後ちょっとで谷川岳の全体が見えるんだけどな~

神様からもう十分じゃないかといわれてるようだ。確かに贅沢すぎるからね~
全て見えなくても、個人的には120%の出来だと思いました。
そもそも下界が見えないことを想定してきてたのでこれだけでも大満足です。

ロープウェイからは再び見事な紅葉。
普段何人くらい乗るんだろう・・・行きも帰りも6~7人くらいしか乗っておらず、360度の大パノラマでした。

(本当はもっと鮮やかだったんだけどカメラだとなかなか思い通りに撮れずもどかしかった・・・)


いつか平標山から谷川連峰の大縦走をやってみたい!
心に響いた名山でした。




おまけ
飛行機から南アルプス~八ヶ岳~浅間山まで見えました♪
3年前登った浅間山、一昨年登った八ヶ岳、去年登った白峰三山、今年登った悪沢岳・赤石岳、ぜ~んぶ一枚に収まったぁ~

隣にはでっかい富士山も見えました~
これだけでも満足♪

写真だけだと分かり辛いので山名入れてみました。
地形図見ながらなので間違ってたらゴメンナサイ・・・

去年南アルプスの地形図全て手に入れてます♪
(紙と電子地図両方~)

[edit]

« 10/17 釣りin芦屋  |  10/11 谷川岳登山 前編 »

この記事に対するコメント

こんばんは!

お仕事、お疲れ様です。(^^)

谷川岳、堪能させていただきました!
明快な解説と共に次々と現れる絶景は、まるで動画を見ているよう!
風のバリアとか、風がぶつかるとかの状況と表現はもう目からウロコが落ちっぱなしでした。(≧∇≦)
これまでは霧があるーとか、流れてきたーとかしか知らなかったので。(。-_-。)
さらに最後の写真に山名が入り、私には刺激が強く、もう目のウロコが残っていません。(≧∇≦)

凄かったー!
楽しませていただきました。(^^)

けいこたん #ebUHSh3g | URL | 2015/10/16 19:58 * edit *

Re: こんばんは!

こんばんは!

谷川岳は素晴らしいところでしたよ!
くじゅうくらい近ければ毎月行ってるかも(`・ω・´)
高山に行くと風が作り出す雲や渦が分かりやすいので、雲の流れを見るのも楽しいですよ~
今回の場合、あくまで予想ですが(気象予報士じゃないので)台風通過時に引き込んだ北の乾いた空気と台風通過後に残された南の湿った空気がぶつかってこんな現象になったのかもです。
徐々に北風が強なり、乾いていたので乗り越えられなくなったのかも(乗り越えても乾燥してるから雲が無くなる)?
ってな感じで考えながら登ってると天気が曇ってても楽しいんですよ(`・ω・´)

ちなみに最後の写真、南アルプス以外にも御嶽山がはっきりと見えました。
福岡・北九州から飛行機で羽田に行くときは左の席をお勧めします(笑)
写真みたいな光景が見られますよ~
帰りは右側に乗るとアルプスが見渡せます。
昔は左側の席で富士山が見えてましたが、今は航路が変わったのか、富士山のほぼ真上を通るので見られないです・・・

> お仕事、お疲れ様です。(^^)
>
> 谷川岳、堪能させていただきました!
> 明快な解説と共に次々と現れる絶景は、まるで動画を見ているよう!
> 風のバリアとか、風がぶつかるとかの状況と表現はもう目からウロコが落ちっぱなしでした。(≧∇≦)
> これまでは霧があるーとか、流れてきたーとかしか知らなかったので。(。-_-。)
> さらに最後の写真に山名が入り、私には刺激が強く、もう目のウロコが残っていません。(≧∇≦)
>
> 凄かったー!
> 楽しませていただきました。(^^)

ふぃずランド #- | URL | 2015/10/16 20:38 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fizzrand.blog90.fc2.com/tb.php/527-208583dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

最新記事

プロフィール

訪問者数

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

ブログランキング

検索フォーム