09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

9/27 英彦山登山 

27日は自然を歩く会メンバー(ベテランのF氏)と英彦山へ行ってきました♪
裏英彦山道に行ってみたいということと、せっかくなので北西尾根も行ってみましょうということになりましたよ。
って、よくよく考えるとこのルート発売されたばかりの「のぼろ」に載ってましたよね。
直前に予習しとけばよかったぁ~~
あ、今回めちゃくちゃ写真多いですので覚悟してください(*´ω`*)

今回の軌跡。道中謎の分岐が多数ありところどころルートを外れてますが結果的にきちんと通れました♪
地形図にルートが載ってなく予習なしで突っ込んだのでルートファインディングが試されました(`・ω・´)


※裏英彦山道、北西尾根ルート共に初心者向けルートではないので注意してくださいね


8時前に到着し、8時10分過ぎにう一人のメンバーF氏と合流。
早速準備をし裏英彦山道へ向けてしゅっぱーつ!

まずは林道を歩きます。途中鷹ノ巣山登山口がありますが今回はここを素通り。


100mほど進むと裏英彦山道の標識がありました。


台風の影響か、ねじ曲がった杉の木が多数あります。
目印が予想より多く助かりました♪


っと、最初の急登を進むと分岐が。
どっちもテープがあったのでとりあえず尾根の方に行ってみると英彦山から遠ざかっていきそうだったため少し歩いて引き返し、トラバース道へ。尾根はどこへ行くんだろうね~

【追記】この尾根を進んでいくと刈又山へいくみたいです。

食えそうな巨大なキノコがびっしり!
食べないけどね!


その後も道はやや不明瞭ながら、リボンを見落とさないように慎重に進んでいきます。
ただ変なところにリボンがあったりちょっと惑わされました。基本は下らずトラバースを続ければよいのかなーとF氏とお話し。


途中から先頭はうちにチェンジ。
ルートはやや不明瞭だけどルートファインディングが楽しく、まるで探検のよう!


しかし途中からいきなりトラバースのリボンがなくなった・・・
正面は巨木が倒れており、どう見ても登山道ではなさそう・・・
下を見るとテープがあったのでここは下るみたい。
(のぼろの特集の中にあった、鋭角に左ターンの場所です)

下るとケルンがたくさん!
とりあえず道はあってるねーって話してると標識発見!


おぉーネットで見たことある標識だ~
とりあえず半分はきたっぽいか?


ここから少し登ると南岳への分岐があるようです。
今回は籠水峠へ向かいます。


この先も倒木や苔むした巨石が行く手を阻みますが、慎重に進んでいきます。
途中コケのついた巨石に足を滑らせ石の上をスキーしました(笑)
ちゃんと着地しましたよ(-_-) 危ない危ない


少し歩くと垂水の壺ってところに出ました。
ここが水場かなー?


しかし暑い。
汗が滝のように出るんだが・・・

とにかくずーっとトラバースが続きます。
しばらく歩くと大きな沢に出ました。
これを渡ってまた登り返します。


お、大きな目印がある。
ここから先、数本大きな目印があったので安心できましたよ(^^)/


またまた巨石エリア突入。
くじゅうの黒岳みたいでいいね~
この付近で再び先頭をF氏へチェンジ!。


おー、また狭いトラバース道へ変わった・・・


更に狭い危険なトラバース道を渡り振り返ります。
ロープはあったけど杭の一つが外れておりロープが崖下へ落ちていました。
ここのトラバース、幅20cm位しかなくで斜めになってたので要注意ですよー


一気に登り返すと突然テープが見えなくなった・・・
テープどこだーと思ってたらこの細い岩尾根を登り、すぐ下ったところにテープがありました。
写真でいうと右から登って左へ下る感じ~
ちょっと鷹ノ巣山チックですな(*´ω`*)


このルート、ほとんど標識がなく不安にさせてくれましたがこういう標識あるとほっとするよね~


この先は道幅が広くなり、右側に巨大な岩壁が出てきます。


そして籠水峠に到着!
8時20分過ぎから登ってここまでほぼ2時間。
なかなか手ごわい登山道でした(^^♪


ここで初めて登山客と鉢合わせ。
その登山客は裏英彦山道を通り猫ノ丸尾まで登り引き返してきたとのこと。
別の登山客は岳滅鬼山まで縦走中のこと・・・すごいね~

ここからは更に下って鬼杉方面へ。
途中振り返ると緑が美しい!


ここから鬼杉分岐まで意外にかかったけど無事メインの登山道とぶつかりました。
籠水峠へのルートにはロープでとおせんぼされていて、古びた立て看板を見ると、「初心者のみの入山は危険!難路」と書かれてました。確かに危ないと思う・・・


この後鬼杉まで下り写真撮影!
超広角レンズで撮影すれば鬼杉もばっちり収められました(^^♪


ここからはいつもの登山道。
とはいえ傾斜がきつくつらい、あついで滝汗でるわ水が少なくなるわ大変・・・
この時点で水2L(緊急用は除く)のうち1.2L消費してます。


むー、鎖場こんなにきつかったっけ~
急傾斜がひたすら続きます。


登山開始して3時間半ちょっとで南岳山頂へ到着~
12時を少し過ぎたのでここで昼食です♪


山料理に妥協のないF氏はサラスパペペロンチーノをうちに作ってくれました(*´ω`*)
うちも負けじとエスプレッソコーヒーを取り出します。
もちろん豆は冷凍クーラーボックスに入れ鮮度を保ってます(^^♪


さらにうちのザックの中には秘密兵器がありましたがここでは使いません(*^▽^*)
たっぷり1時間弱食事を楽しみましたよ~

食後はさくっと中岳まで行きます。


しばらく休憩したせいか足の調子がおかしかったけど歩いてたら治りました。
中岳に到着!


家族連れがクワガタを見つけたそうで見せてくれました。
こんなところにもいるんだね~
って、これってもしかしてオオクワガタ?だったら超珍しいんですが・・・多分大きめのコクワガタっぽいけどね。


中岳の次は北西尾根取付点の捜索です。
少し離れたところから探してみたけど別の尾根に行きそうなので山頂付近まで戻ります。
バイオトイレ付近に怪しい踏み跡があったので行ってみるとこれが正解っぽい~
踏み跡が明瞭でした。


やっほー気持ちいい!


明るい尾根を歩いていると木々が徐々に増え、梯子場まできました。
この時梯子の目の前の岩に1m位の蛇が・・・
ジムグリっぽい。ヘビのすぐ横を下る勇気はなかったのでストックでヘビをたたくとボトっと下の登山道に落ちてちょっと鳥肌が立ちました・・・(-_-)
しばらく待ってると姿を消してくれたので梯子を下ります。


ここから先の登山道は快適~


とはいえ時々だだっ広いところに出て登山道を見失いかねそうに。
足元が急に柔らかくなったら登山道を外れたサインなのでテープと踏み跡を見失わないよう慎重に進みます。
テープはちょっと少なめかな。


さてさてまた一気に傾斜が厳しくなったぞ!
しかしこれを越えると・・・


正規の登山道にぶつかった~
ここから先は今年6月に歩いているので一安心です。


最後は青年の家の横を通り豊前坊へ。


14時半ごろに豊前坊へ到着!
ほぼ6時間ってところですね。
この後は高住神社へ無事下山できたお礼をし、しゃくなげ温泉へ。

さて、最後に取っていた秘密兵器を使う機会がなかったので温泉後に登場!

抹茶と和菓子!
抹茶はもちろん茶筅を使います。
以前登った足立山の山頂で飲んだ抹茶にリスペクトされて道具揃えてしまいました(^^♪
(抹茶茶碗は親が使っていたのを拝借しましたが)

いやぁ~今日は探検だった~
めっちゃ楽しかったです♪

[edit]

« 10/4 再び涌蓋山へ  |  9/22 由布岳登山 »

この記事に対するコメント

永久保存版です!

こんばんは!
裏英彦山道も北西尾根も興味があります。
のぼろだけでは分かりにくいところも、ふぃずランドさんの記事のおかげでどう歩くのか想像できました。
裏英彦山道は難しくてチャレンジできない気がしますが、北西尾根はいつか下ってみたいと思います。(^^)
鬼杉と人物が一緒に収まるのもびっくりですが、その人物さんの姿格好が双子ちゃんのようで可笑しかったです。(≧∇≦)(^^)

けいこたん #ebUHSh3g | URL | 2015/09/28 22:41 * edit *

Re: 永久保存版です!

こんばんは~
裏英彦山道から別の山へ行ったり南岳へ行けたりと色んな分岐があるので、
慎重に行かないと迷いそうでした(´・ω・`)
でも何度も行けば慣れるんでしょうけど、久しぶりに探検したなあ~って気分で楽しかったです(≧∇≦)
北西尾根は取り付きさえ分かれば意外にさくっと下れたのでちょっと拍子抜けでしたが、
下山は一人も出会わなかったのでやっぱり探検気分でした。

鬼杉のためといっても過言でないほどの超広角レンズ君でした(笑)
撮影を依頼した登山客が「なんじゃこれー」って叫ぶくらいでした(@^▽^@)
もちろん普通のレンズで入りきれない迫力ある鬼杉撮るのも大好きですよ!

二人とも格好が似てた(うち普段は帽子だけどこの日だけバンダナ)ので兄弟っぽいですね(笑)

> こんばんは!
> 裏英彦山道も北西尾根も興味があります。
> のぼろだけでは分かりにくいところも、ふぃずランドさんの記事のおかげでどう歩くのか想像できました。
> 裏英彦山道は難しくてチャレンジできない気がしますが、北西尾根はいつか下ってみたいと思います。(^^)
> 鬼杉と人物が一緒に収まるのもびっくりですが、その人物さんの姿格好が双子ちゃんのようで可笑しかったです。(≧∇≦)(^^)

ふぃずランド #- | URL | 2015/09/29 21:07 * edit *

ふぃずランドさん、こんばんは
良いコースを歩かれましたね!
裏英彦山道は意外と時間がかかりますよね。
どこでも歩けそうなので、テープが上にも下にもついていたりして紛らわしいですが、ベテランの方が時々メンテしていらっしゃるようです。
、新緑、紅葉の時期が素晴らしいです。
おススメは鹿の角から南岳に登るルートなのですが…
英彦山を楽しみましょう!

ポンちゃん #I4t1ZHtI | URL | 2015/09/29 21:22 * edit *

Re: タイトルなし

ポンちゃんさんこんばんは!

人工的な音が聞こえない、深い森の中だな~って感じでした。
意外に時間がかかりましたが2人でのルートファインディングが楽しくまたいきたくなりました。
紅葉の季節はえもいわれぬ素晴らしさだと思います・・・

鹿の角から南岳のルートですか。
また探検してみるかな~(`・ω・´)

> ふぃずランドさん、こんばんは
> 良いコースを歩かれましたね!
> 裏英彦山道は意外と時間がかかりますよね。
> どこでも歩けそうなので、テープが上にも下にもついていたりして紛らわしいですが、ベテランの方が時々メンテしていらっしゃるようです。
> 、新緑、紅葉の時期が素晴らしいです。
> おススメは鹿の角から南岳に登るルートなのですが…
> 英彦山を楽しみましょう!

ふぃずランド #- | URL | 2015/09/30 22:10 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fizzrand.blog90.fc2.com/tb.php/523-dbbac433
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

最新記事

プロフィール

訪問者数

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

ブログランキング

検索フォーム