03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

9月14日 白峰三山縦走 3日目 北岳山荘~間ノ岳編 

14日の軌跡はこちら。


後半歩行速度が上がってるけどこれは次のブログで・・・



14日は予定通り3時に起床。
まだ真っ暗でしたが北岳へ向かう人や中白根山へ向かう人のヘッドランプが光ってます。
みんな早いな~



気温は0℃位まで下がり、テントにはびっちり霜が・・・

でも友人にも事前に-5℃まで下がる可能性があることを伝えており、二人とも厚着してて初日よりむしろ暑いくらいでした。

初日と比べテントの撤収は非常にスムーズ。
4時半には撤収を完了し、40分ごろから5時までは富士山を堪能♪
他の登山客も日の出を待ってますね。


そうそう、ここの北岳山荘はトイレがバイオトイレだったのでにおいが殆どしませんでした。
でもトイレは10個くらいあったけど実際使えたのは3つくらいしかなかったけど・・・

このままだとずーっとここにいそうなので5時5分に山荘出発、一路中白根山へ向かいます。

中白根山手前で日の出の時間を迎えましたが、やはり富士山の神々しさには勝てず、山荘出発してわずか20分ほどで富士山撮影に没頭・・・


そしてご来光!
予想はしていたけど、太陽が目線の下から出てきた!!


これまでのご来光で一番標高が高かったのは富士山6合目の約2,400mで、この時も目線の下から太陽が上がってきてたけど、今回はもっと下から見えた気がする。

富士山と手前の山々のグラデーションがまたまたすばらしい・・・

結局30分ほど同じ場所にいてひたすら富士山を眺めてました。
今日はロングコースと分かっていても、実際これを見せられると打ち勝つことは出来ませんでしたね(`・ω・´)

友人もこのテンション。
うちもこんな状態でしたヾ(@^▽^@)ノ


富士山と日本アルプスの山々の誘惑と戦いながら何とか中白根山まで到着しました!

本当であれば山荘からすぐ着く筈だったのに1時間もかかっちゃいました・・・

富士山も刻一刻と表情が変わっていきます。


でも見所は富士山ばかりではないですよ。
ちょっと顔を横に向けると鳳凰三山がででーんとあります。
尖がったオベリスクの上にいつか立ってみたいですね!


さてさて、まだまだ先は長いから行かないと。
奥に見えるのが間ノ岳の山頂かな?
山頂に近づくにつれてどんどんガレていきます。


振り返ると昨日登った北岳が。そして左に甲斐駒ケ岳、ちょっと隠れてるけど奥に八ヶ岳(蓼科山)が見えます。
陰影があると映えますねー


さらに登って振り返るとまたまた表情が変わりました。

奥に見えてきたのは南八ヶ岳の権現岳かな?

出発して2時間。ついに間ノ岳へ登頂!

天気も申し分なし!
そしてここでも山々の神々しさに足が止まりまたまた休憩タイム。
こんなの見せられたらダメだって(`・ω・´)


南アルプスの山々も一望。
深田久弥が漆黒の鉄の兜と詠んだ塩見岳も目の前に。
かっこよすぎる・・・


まだ居たい衝動を抑え20分ほど休憩して出発。
それにしても間ノ岳は大人気ですね。
北岳山荘に泊まっての間ノ岳往復っていうのが流行ってるようで、山荘に荷物置いて小さなザックで往復してる人を多数見ました。


さぁ、次の目的地、西農鳥岳に行こう!




[edit]

« 9月14日 白峰三山縦走 3日目 間ノ岳~大門沢小屋編  |  9月13日 白峰三山縦走 2日目 »

この記事に対するコメント

絶句!

美し過ぎて言葉になりません。
絶景の連続ですね。
富士山の美しいこと!色の変化にため息です。登山者のシルエットは影絵のようです。
これだけの素晴らしい写真なのですから、実際はとんでもなく感動の景色なのでしょうね。

このシリーズ、終わらないでほしいです。

けいこたん #ebUHSh3g | URL | 2014/09/19 20:20 * edit *

Re: 絶句!

こんばんは!

少し前のブログでも書きましたが、あまりにきれいな富士山を見るとCGのように見えてくるんですよ。
こんな光景ありえないと。
ほんのわずかな時間でどんどん表情を変えていくので全然飽きなかったです。
3日目は富士山や日本アルプスを見ながらの稜線歩きでとにかく贅沢でしたよ。

登山者のシルエットになってるところは間ノ岳山頂からでないと撮れなかったです。
何もしなくても刻一刻と山の表情が変わりますが、自分の足で歩くと更にいろんな表情へ変化するので、けいこたんさんもいつか登ってみるといいですよ!


この写真の続きはWebで!ではなく自分の目で!足で!
一生の思い出になると思います(^^♪

> 美し過ぎて言葉になりません。
> 絶景の連続ですね。
> 富士山の美しいこと!色の変化にため息です。登山者のシルエットは影絵のようです。
> これだけの素晴らしい写真なのですから、実際はとんでもなく感動の景色なのでしょうね。
>
> このシリーズ、終わらないでほしいです。

ふぃずランド #- | URL | 2014/09/19 21:45 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fizzrand.blog90.fc2.com/tb.php/420-4bf2b4e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

最新記事

プロフィール

訪問者数

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

ブログランキング

検索フォーム