07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

10/27 阿蘇烏帽子岳・杵島岳登山 

ズバリ言うわよ。

秋は紅葉だけじゃない

・・・いいたかっただけです。



27日にうち主催で自然を歩く会の例会外として、阿蘇の烏帽子岳と杵島岳に行ってきました。
この季節はススキがきれいなので、秋は紅葉だけじゃないよ!ってのを案内したかったのでこの二つをチョイス。
そして今回デジイチはTLMを外した新生α55、レンズはSAL35F18一本で挑戦。
写りがどうなるかも気になります・・・
若干のトラブルがありましたが10:30頃に草千里駐車場へ到着。
まずは烏帽子岳を目指します。

今回ススキメインということで、逆光を意識した登山&写真撮影に。
手軽に登れる山とはいえこの二つの山も立派な阿蘇五岳なので、今日一日で五分の二達成ですな(@^∇^@)
最初はリンドウやススキを見ながら草千里をゆっくり進みます。




途中からはやや傾斜が出てきますがしっかりと整備されているため危険箇所もなく順調に進んでいきます。

45分ほどで山頂到着。
記念写真を撮ったり草千里を見下ろしたりとしばらくまったり。
中岳の噴気は気温が低いせいもあるのか、結構もくもくとしていました。




行きは烏帽子岳の東側ルートを通ったため下りは草千里西側へ降りるルートへ。
こちらのほうが少し傾斜がきつめですが一気に下れます。ただし黒土で滑りやすいので注意です。

道中リンドウがいろんなところで咲いていました。
そのほかにも季節はずれのミヤマキリシマや名前の分からない小さな赤い花など5種類ほど咲いていましたよ♪



烏帽子岳を登り終えたら次は対面にある杵島岳。
うちにとっては朝日撮影でお馴染みのところだけど阿蘇山でここ目的に登ろうとする人はほとんどいないはず。

ここは山頂まで舗装されているので特に危険箇所なし。
ただし意外に傾斜がきついのでばてちゃった人もちらほら・・・
石の階段が延々と続くのでふくらはぎにきます。

8月に行ったときに山頂の標識は折れちゃってましたが。今回来ると応急処置が。

ってほんとに応急処置・・・
早く新しいの建ってくれないかな。


当初予定より遅れていたため山頂で食事タイム。
今日は寒かったのでコレ。

やっぱあったかい食べ物に限る!

この後杵島岳のお鉢周り開始。
やはりここもススキだらけです。

逆光のススキで一面白い。

そしてお決まりの米塚。
やはり秋になって色が落ちちゃいましたね。
米塚は新緑の季節が一番いいな♪


やはり手軽に登れてこんな光景見れるのは杵島岳だけだの。
ちなみにこれ以外にも杵島岳や往生岳に登らないと見れない旧火口もあります。
お鉢周りも手軽に行けるのでオススメ。



下りは逆光の中のススキを見ながら。
予想以上にキラキラしてました。



無事2つの山を登り終え今日の登山は完了!
アゼリア21で汗を流します。

この後本当は大観峰とラピュタの道に行きたかったんだけど、予定時刻を大幅に超えてしまったため、とりあえず大観峰へ。
到着した時すでに17:40。ゲートが閉まるところでした(´・ω・`)
とりあえず人は入れるようなので車をゲートの外に止めて大観峰へ。

すでにこんなに暗い。
そういえば大観峰で夜を迎えるのは初めてかもしれない・・・


偶然にもF1.8のレンズつけててよかった・・・
辺りはかなり暗かったけど結構くっきりと写ってくれました。


金星がくっきり見えます。



最後に一句。

晩秋の
ススキたなびく
大観峰
明星輝く
阿蘇の黄昏

[edit]

« TLM無しα55その後  |  【速報】10/20くじゅう連山 大船山紅葉情報 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fizzrand.blog90.fc2.com/tb.php/357-5ae2ea08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

最新記事

プロフィール

訪問者数

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

ブログランキング

検索フォーム