06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

7/14 八ヶ岳登山 2日目 

前日の予報では曇りのち雨予報でしたが果たして・・・

たっぷりと睡眠をとり、4時過ぎにおきて気がついた。
曇ってはいるが稜線の一部が見える。早めに登れば何とかなったりして。
朝食後出発。
雲はあるものの雨が降りそうな感じはなし。
当初予定では硫黄岳~横岳~赤岳~中岳~阿弥陀岳を縦走する予定でしたが天候を考慮し赤岳~中岳~阿弥陀岳の3つに絞ることに。
下山中の雨なら何とかなるだろうケド尾根歩き中に雨風強まったら洒落にならん・・・


ちなみに出発前に悲劇が。
スマホをモバイルバッテリーで充電してたんだけどケーブルに問題があったようでショートしてしまい全く電源が入らず…
まぁメインのケータイは満充電してるので最悪の事態ではないけど色々面倒だなぁ(´・ω・`)


さてこのウドっぽい花は何だろう。
いたるところに咲いてました。


比較的傾斜の緩い道が続き赤岳鉱泉から行者小屋へ到着。


地蔵尾根へ向かいます。
ここで二つ目の悲劇。
友人が地図を落としてしまってた・・・

初めていくところに地図なしはなかなか度胸があるなうちら、と冗談でも言いたいところだけど全然笑えない状況に。
ナイスタイミングでスマホも使えないし(´。`)


とりあえず行く前にネットで危険箇所など予習はしてるのでうちの記憶便りか・・・
途中その危険箇所がありましたが特に問題なく突破。落石が怖いの~


登ってると中岳が見えました。豆粒のような人が縦走中。
後数時間後にうちらもあそこへいきます。


道中イワカガミの咲いた後がたくさんありましたがちょっとだけ花が残ってました。
愛しのイワカガミにこんなところで再開できるとは!


後ちょっとで尾根道。
昨日泊まった赤岳鉱泉と先ほど通過した行者小屋が見えます。


稜線に出ると小屋発見。


そして富士山がででーんと姿を現します。
道中降りている人に道を聞いたとき富士山が雲の合間に見えたよーという情報があり、期待してたけどその期待以上の光景。
やはり日本人なら富士山を見ると声が出ちゃうね・・・
行く人行く人声あげてました(@^∇^@)


空は意外にも青空が。
後で知ったけど天気が好転したようで曇りのち雨予報から曇り時々晴れ予報になってました。


中岳と阿弥陀岳もハッキリ見えるように。
緑が綺麗(@^∇^@)


赤岳頂上小屋が見えてきました。
ということは山頂はあと少し!
何箇所が傾斜が急なところがあったけど慎重に進んでいけました。
親子で来ていてザイルで子供を補助している光景もありましたよ。


山頂到着。
狭いせいか人で溢れてます・・・
写真撮影渋滞があったので並んで撮影したんだけどうちのデジイチ全くピントが合っておらずぼけた写真に・・・。
ちなみに今回撮った写真のうち半数近くピントがあってなかった・・・故障でもしたのかな?


山頂で休憩した後阿弥陀岳へ出発。
急斜面を下ると分岐発見。


ここから先は急斜面が延々と続きます。
足場はしっかりしてるけど滑落したら命はなささそう(´。`)


急斜面を下りるとまた分岐が。中岳方面へ。


友人はお疲れのご様子。
小刻みに休憩を入れながらゆっくり進みます。


中岳到着。
しかし今回の最大難所はこのあとの阿弥陀岳。
赤岳や阿弥陀岳は雲がかかって見えなくなってしまいました・・・



中岳のコル到着。
ここで息を整えて急斜面に挑みます。


途中マイヅルソウをはじめいろんな花が咲いてましたよ♪




中岳のおかげで赤岳が神秘的に見える(@^∇^@)



さて問題の斜面、動画で撮影しようかなーと思って動画撮ろうとしたんだけど両手使わないと登れない(´。`)
仕方なく動画撮影は諦め確実に登っていきます。
急斜面の上一部もろい岩や浮石があったため、落石起こすと一気に登山道を転がっていくので危険。
断崖絶壁なので離合するところも場所選ばないと怖かったょ(´・ω・`)

雲の中の山頂へ到着。
時刻は正午前。ここで昼食をとることに。


昼食とってると雲が取れてきました。


先ほどの中岳のコル目指して下山開始。
阿弥陀岳を西に向かうルートもあったけどそちらは下山口が違うので通りません。
しっかし急斜面だわ。
ほとんど崖を縫うように下りてる感じ。


下を撮影しようとしても見えません・・・
写真左の広場が中岳のコルです。


何とか中岳のコルへ戻れました。
この後行者小屋方面へ下ります。


っと、いきなりのがけ崩れ・・・
ここは何とか通れたけど、


直後にもっとひどいがけ崩れ。
友人が突破しようとしたけどどう見ても無理そうなので一旦崖を下ってトラバースした後斜面を登って登山道へ合流しました。
まぁ下ったところで滑ったら一気に滑落するんだけど。
足で斜面削って道作りながら進みました・・・

ちなみに後で知ったんだけど迂回路ができてたみたいです(´。`)
そういえばロープ張られてたところあったな(;-д- )
事前の予習と地図は大事だの・・・

この後は危険箇所もなく行者小屋へ到着。
ここで大休憩。


帰りは南沢ルートで帰ります。
登山客に聞いてみると危険箇所はないものの道迷いしそうなところがあったのでそこだけ注意とのことでした。
地図とスマホのログとGPSないから慎重に行かないと・・・


途中迷いそうだなぁと感じたところはあったけど特に問題なく下っていけました。


ちなみに道中また大量のアブに襲われました。
とりあえず片っ端から叩き落としたけどきりがないし。
歩くよりこっちのほうで体力使う(;-д- )

そして無事北沢ルートの砂利道へ合流。
生きて帰れたぜ。


この後別の友人と合流する予定だったけどまた大渋滞にはまってしまったので合流場所を変えて友人の住む神奈川へ・・・
登山で疲れてるのにずっと運転してて申し訳ない…と思いながら横で爆睡してすんませんでした(;-д- )

夜は友人の家で大量の酒を買い込んで飲み会♪

[edit]

« 7/21 久住山登山  |  7/13 八ヶ岳登山 1日目 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fizzrand.blog90.fc2.com/tb.php/336-53c340cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

最新記事

プロフィール

訪問者数

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

ブログランキング

検索フォーム