08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

6/16 阿蘇登山 中岳・高岳編 

9時25分に砂千里登山口へ到着。
当初予定より55分のロスだけど1時間遅れで出発したからある意味登山計画が正確だったなぁw
9時30分ごろに出発。
ここから登るのは初めてなの。


木道の一歩外は一面粗い砂(礫かな)。
かなり先まで砂に覆われてます。砂千里という名にふさわしいですな(`・ω・´)


木道を渡りきったところで振り返ると黒い大地。地球じゃないみたい。
冬に行くと緑がないので火星気分が味わえるらしい・・・


ここから先が本番。
急傾斜を登っていきます。登りはそうでもなかったけど岩場なので下りは滑ると大ケガするかも。


登りきると不思議な岩や絶妙なバランスのケルン(?)がありました。
てかこれ接着剤でくっつけてるんじゃないかというくらい絶妙なんだけど・・・



稜線に出ると烏帽子岳と同じように西側が雲に覆われてます。
でも風は微風で心地よい風です。
中岳の噴煙は雲で見えないけど風向きは逆なのでにおいはぜんぜんしません。


雲の中の中岳に到着。
当然火口は雲の中で全く見えず・・・


うっすらと仙酔峡方面が見えました。


ちなみに2010年に登ったときはこんな感じ。このときはまだロープウェイが運行されてました。
この時5月3日。そしてこの日で運行終了・・・
ゴールデンウィーク中の草千里は大渋滞でしたが、反対側からのロープウェーは空いてたのでお気に入りだったんだけどなー


ぜんぜん雲が取れない・・・
高岳方面へ行きます。


やっぱり雲の中の高岳に到着。
登山開始から1時間10分で到着しました。


山頂にてんとう虫(カメノコテントウ)が。
結構でかいね。


ちなみに本当の目的は東峰からの根子岳撮影。
東峰へ早速向かいます。


前回登った時はここまで来ていないので初めての天狗の舞台。
ミヤマキリシマの上にちょこんと岩が乗っる・・・名にふさわしい場所ですなー。
これミヤマキリシマが満開のときに見ると最高だろうなー


天狗の舞台側から見たミヤマキリシマ群生。
残念ながらほぼ散ってましたけどそれでも平治岳に劣らぬ光景でした。


そしていよいよ高岳東峰に到着。
一番見たかった東峰からの根子岳!!!!








アレ。

リベンジ決定。


日の尾峠ルートは登山道崩壊のため通行止めになってました。
まだ日の尾峠通れないのかな?


東峰から月見小屋を通って中岳方面へ向かいます。
この付近は濃霧での遭難が多いので要注意。



しばらく歩いているとやっと雲が取れてきました・・・


中岳火口方面も見えるようになりました。
天気良かったら最高だっただろうな(´・ω・`)


稜線を歩いてると見たかった根子岳が顔を出してました。
あと30分早く顔出してくれれば(;-д- )
まぁどっちにしろリベンジするけど。


急傾斜の手前で火口を撮影。



12時半に無事下山完了。
当初予定を30分過ぎてますがちょっとだけ取り戻したかの?
でもせっかく中岳火口付近まできてるのでちょっとだけ火口を見学します。



とはいえ次の根子岳登山は13時ごろには開始しないと15時下山開始のリミットに間に合わないんだな・・・
まぁ現地に行ってから考えようっと♪


[edit]

« 6/16 阿蘇登山 その後・・・  |  6/16 阿蘇登山 杵島岳・烏帽子岳編 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fizzrand.blog90.fc2.com/tb.php/327-81841023
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

最新記事

プロフィール

訪問者数

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

ブログランキング

検索フォーム