03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

5/6 皿倉山登山 

昨日一昨日と祖母山登山して満足したので、今日はまったりな登山をしよう。
午前中に昨日の登山の洗濯や清掃などを済ませ、午後に北九州市の皿倉山に行ってきました。
昨日の装備はメンテのため全て置いてきて、ワンショルダーバッグとトレランシューズでトレランスタイル。
とはいえトレランするつもりは全く無いですがw
午後2時前にケーブルカー駅まで来たものの満車でまったく入れず。
仕方が無いので八幡駅に車を停め、シャトルバスで現地へ向かいました。

八幡駅から登山口は結構遠いので無料のバスを使いましょう♪

最初に今日のログ。


バスを降りてすぐのところに登山口が二つあります。
舗装路(てか車道歩くだけ)の皿倉表登山道、煌彩の森コースの2つ。
今回は煌彩の森コースを行ってみます。
こっちから登るのは20年ぶりくらいかも。


序盤は車道に出たり不整地に入ったりを繰り返します。


道端にシャガの花が咲いていました。
福智山や六ヶ岳にもありましたね。
ちなみに阿蘇根子岳でも見たマムシソウもありました。


しばらく歩いていくとついに車道から離れていきます。


車道から離れて少し登ると最大の難関が登場。
直登ルート(真っ直ぐ)を選択してみましたが想像以上の傾斜です。
しかも結構な距離があるので体力に自信の無い人は迂回路が無難です。



最大の難関を抜けた先に給水所が。
冷たくて気持ちいい。
ベンチもあったので休憩にはもってこいかも。


ここから先は比較的緩やかな傾斜が続きます。
そして皿倉平へ到着。正面は権現山です。


皿倉山へのルート上に大量のシャガが咲いてました。
調べてみるとこの花は群生しやすいんですね。


ゆっくり歩いて1時間半くらいで山頂に到着。
道中小学生も登ってたし、危険箇所も無いので体力ない人でも時間をかければ誰でも登れそうです。


今日も空は霞んでた・・・
でも頂上からでもスペースワールドのジェットコースターの音が聞こえました。


このままケーブルカーで下りちゃっても良かったんだけどせっかくなので別ルートで下りてみます。
登山中に地形図にない国見岩への分岐ルートがあったので、その場所を下見予定。


下山開始直後に早速国見岩があります。
眺めは最高。ただし10mくらいの崖になってて柵も無いのではしゃぐと危険です。


崖ぎりぎりまで寄って撮影。


この後崖下に行けたので撮影。
ロッククライミングの名所らしいです。


ここの下りもけっこう急。
迂回路があるので心配な方はそっちに行きましょう。


ただし直登ルートと迂回路が迷路のようになっており、下山してて気がついたら山頂に向かってた、なんてこともおきそう。
分岐が出てもとにかく下ってるほうに行きましょうw
帆柱稲荷神社方面が下山路です。


さて途中に地形図にないルート発見。だんだん広場(っていう名前)へ向かう別ルートです。
このルートはひたすらジグザグに下るだけ。
ただ地形図見てると徐々にケーブルカー方面へ向かってるのが分かりました。


しばらく下ってると舗装路へ合流。
ちょうどケーブルカーのところに出るんですね~
ちなみに舗装路からこのルートへの標識はありませんでした。


グッドタイミングでケーブルカーが下りてきました。
カメラで連射した後に気がついたけど外見てる人たちほとんどうちのほうに視線が・・・
登山客いたの珍しかったのか、こんなところまで撮り鉄出没するのかって思われたのかなw
あ、うちはてっちゃんではないですよw


ケーブルカーの下をくぐって少し進むと煌彩の森コースと合流。
ちなみにこの写真撮ってるわずか50cm右の足元にとぐろ巻いた蛇いました・・・
少ししか見えなかったけどシマヘビっぽかった。
そしてこの写真の左奥にも蛇っぽいのいました・・・こっちはカサコソするだけで姿は見えず。
更にこの奥にもカサカサいってて草が動いていたのでヘビいっぱいいたのかも(´・ω・`)
ヘビ嫌いなの、勘弁して。
調べてみると皿倉山でマムシ報告がかなり多いのでこれからの季節は注意しないといけないですね。


下り始めて50分ほどでケーブルカーの駅まで戻ってきました。
ちょうどシャトルバスがあったので乗り込んで今回の登山は終了。
後半ヘビのことばかり考えてて怖かったぜ・・・


最後に今日の登山ログ♪




蛇と遭遇しないためにはどうすればいいだろうか・・・

[edit]

« 5/12 杵島岳朝駆け  |  5/4~5 祖母山登山 2日目  »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fizzrand.blog90.fc2.com/tb.php/313-688b4602
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

最新記事

プロフィール

訪問者数

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

ブログランキング

検索フォーム