05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

1/27 厳冬のくじゅう連山 法華院~白口岳編  

1/26にくじゅうで某イベントがあったんだけど悪天候のため中止に。
とはいえ2月連休に友人を冬のくじゅうに招待するのでどのルートを通るべきか下見もしないと。
ってことで27日に行ってきました。
連休の登山は7時から登って一次リミット(トラブルなく順調に進んだ場合)15時までに下山予定なのでそれにあわせたルートを考えます。

当日の天気予報だと昨日よりは荒れていないということだったので、8時に長者原登山口から登山開始。
今日登るルートは複数想定している中で最も時間がかかり、かつ積雪時のルートとしてはやや難しいであろうルート。
友人のペースを予想しいつもより時間をかけて行きます。
平治号に安全を祈願してスタート。


この付近の積雪は少なめです。


樹氷で真っ白の三俣山。


今日もタムロンの安いレンズ1つで挑戦。
逆光で輝く雪を撮りたかったんだけど後少しインパクトが足りない・・・


雨ヶ池へ到着。平治岳がきれいに見えます。
この辺の雪も思ったより少なめです。


通行止めの三俣山の小鍋へ行くルート。
流石に足跡はありません・・・


無事に坊がつるへ到着。
いつもより時間をかけたせいかここまで1時間40分ほどかかってます。



誰もいない坊がつるにつむじ風。この後成長して登山道を横断していきました。
ちなみに本日の山頂付近の風速予想が15~20m/sでしたが、この付近はあまり風はありませんでした。


スタートから約2時間で法華院温泉山荘へ到着。
ここは帰りに寄る予定なので素通りします。


しかしスタート1時間遅れてて更にペースが遅いので下山時間が心配。
そしてふと超重要なことを思い出した。

高照度LEDライトを車内に忘れていることに

二次リミット(トラブルがあった場合の下山リミット)の16時過ぎるとあたりは暗くなってくるのでそれまでになんとしても下山しないと・・・
事前に日の入時刻は調べてるけど山は日の入2時間前には別世界というのは過去嫌というほど体験してる。
しかも午後から天気が悪くなる予報だったので更に心配。


次の目的地は鉾立峠。
やっぱり誰もいない道を進んで行きます。とはいえ1パーティーだけすれ違いました。
しかし登っている人はまだ誰もいません・・・ルート選択間違ったかの。


峠へ到着。
そして気がつく。
今日人が通った形跡がほとんどない。


もしかしたら1人通ったかもといえるような足跡があったものの、かなり心もとない。
しかもさっきまでみえてた三俣山が雲に覆われまったく見えなくなってる。
撤退の二文字が頭をよぎる。

とりあえず雨雲レーダーで大きな雪雲が来ていないことを確認し心を決めて今日最大の難関白口岳の尾根を進みます。



登り始めてまもなく雪が強くなりました。
序盤はまだ緩やかなのでペースを上げて一気に登っていきます。
この付近の積雪は20~30cmほど。
吹き溜まりではずぼっと足が埋まります。

雪でさっきまでいた鉾立峠が見えづらくなりました。


徐々に樹氷が成長してきます。
そして白い世界に。


モノクロのさんご礁っぽくなっています。
山頂へ近づくにつれ風が明らかに強くなってきました。


そして最後の関門。今日最大の傾斜を登ります。
幸い岩は凍り付いていなかったので登りやすかったですが、一歩間違えるとただじゃすみません。
ストックをたたんで手を使って岩をよじ登って行きます。


最大の難関を突破しました。
強風で体のバランスを狂わせてくるので注意して進みます。


そして白口岳山頂へ到着!
あたりを見回しても誰もいない。
中岳は全然見えませんでした・・・


さてこのあと中岳へ向かいます。
向こうに行けばメジャーなルートなので人がいることでしょう・・・


[edit]

« 1/27 厳冬のくじゅう連山 白口岳~久住山~法華院~下山編  |  1/20 冬の福智山♪ »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fizzrand.blog90.fc2.com/tb.php/272-5145210e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

最新記事

プロフィール

訪問者数

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

ブログランキング

検索フォーム