06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

10/7 くじゅう連山登山 三俣山南峰~北峰~下山 

クマザサ地帯を抜けてなんとか南峰へ到着しました。


ここから北峰へ向かいますが、少し道をそれて直登コースに行ってみました。
数時間ほど前までいた法華院温泉山荘がはっきりと見えます。


さてここから本当のラスボスアタックです。
事前情報によると北峰は初心者向けの登山道ではなく、道もわかりにくい。
てかさっきの本峰からの崖を見るとやばいというのは十分わかる。
反時計回りに尾根伝いに歩きます。

踏み跡はしっかりしてたものの、注意しておかないと見失う可能性があります。
危険なところはなかったですが急斜面もあるので健脚向けですね。
小鍋を間近にしたところで北峰を撮影。
このあと雨ヶ池へ下る道がありましたがこちらは通行止めのため通れません。


40分弱で北峰へ到着。
標識がなかったので一番高そうな岩と近くにあった温度計を撮影。

さてこの先はあのがけを登るのか。
とか言っておきながら直後に登山道間違えて指山へ下るルートを少し進んでしまった・・・
本峰への道はわかりやすいですが考え事してて見落としてたようです、反省。

このあと運よく本峰へ登る団体さんがいたので後ろを歩いてたのですが、
本峰へ登る登山道は一言でいうと危険です。
白口岳の尾根のように滑りやすい上にさらに急登、一番厄介なのが落石です。
浮石がところどころにあり、踏み外して滑ったり落石を起こします。
実際上からあ!って声がして低い転がる音がしたので上を見たら10cm位の石がうちの横を転がっていきました。
下に人がいるときは特に注意しないとここはまずいですね。


そして無事本峰へ到着。ここでまた少し休憩。
気が付いたら時刻は15時近くになってます。
登山開始してからあと少しで12時間。
この時点で日帰り登山としては過去最高になってます。

大船山の紅葉はまだのようですね。
ただ紅葉するときは一気に来るようなので向こうも来週~再来週が狙い目かも。


日が少し傾き陰影がきれいです。
ちなみにこの写真シャープネス、コントラスト強すぎなので違和感がw
やはり編集するときはほどほどのほうがいいな・・・


無事に三俣山を下山。ラスボスを倒して全制覇達成!
これで法華院で買ったくじゅう連山制覇の証明書が飾れるぜw


先ほど登った三俣山を振り返ります。

この後は北千里ガ浜を通りくじゅう分かれ、牧ノ戸峠のルートを進むのですが、
ここにきて大問題発生。

右足がおかしい。
関節を痛めてるのか、痛みが徐々に出始め、くじゅう別れに到達したときにはかなり痛みが出て来ました。
痛み止めの薬は持ってたけどここは我慢して進みます。

陰で久住山が荒々しく見えます。
残念ながら今日はあそこに上る気力はありません。
正直足の痛みは激痛に近づいてきました・・・

さてラストの沓掛山を登ります。
途中振り返ると紅葉が始まってるのがわかります。
意外に登りのとき足の痛みはそこまでひどくありません。



しかし真の修羅場はここから。
下り、特に段差はまともに歩けない。
一応途中テーピングをしたんだけどがちがちに固められないのでどうしても痛みからは逃れられず。
とはいえあと少しなので気合で下ります。


そして16:47に下山完了。
3時から登山開始したので13時間47分という長丁場でした。
実際は休憩してることが多かったので距離的には大してことないかもしれないですけどね~

ちなみに毎回恒例のGPSログですが・・・
浅間山登山以降調子が悪く、自宅でチェック中に電源が勝手に落ちることが多々あり、今回の記録も中途半端に記録されてました。
これは修理になるのかの・・・


[edit]

« 10/14 紅葉の大船山登山  |  10/7 くじゅう連山登山 法華院~三俣山本峰 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fizzrand.blog90.fc2.com/tb.php/252-a47f0160
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

最新記事

プロフィール

訪問者数

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

ブログランキング

検索フォーム