09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

10/7 くじゅう連山登山 日の出~法華院温泉山荘 

ついにきました。
本格的な深夜からの登山です。

この日のために何度同じルートを通ったんだ・・・
ってことで過去最長の登山開始です。
土曜も仕事でしたが19時で仕事を放置終え、自宅で仮眠をあらかじめ取り11時半過ぎに自宅を出発、
現地で再度仮眠した上で午前3時ちょうどに牧ノ戸峠から中岳へ向けて出発します。

ザックの奥深くでいつも寝てる2年前の富士登山用に買っておいたヘッドランプ君が久しぶりに明かりを照らしてくれます。
あ、もちろん電池は事前に交換してますよ(≧∇≦)ъ

午前3時でしたが車も結構止まっており、登山を開始する人が数名いました。
真っ暗ですが最初の沓掛山まではいつものペースで進みます。


そしてここから先はややペースを落とし1時間ほどで星生山の分岐点到着。
昼より8分ほど遅いですが初めての暗いうちからの登山なのでかなり慎重になってましたね。


気温は6℃。風が吹くことも想定して余裕のある装備できてるのでこの気温は想定内。


誰もいない登山道を一人とぼとぼ歩いて天狗ヶ城分岐点まで到着。
この時点で天狗ヶ城にヘッドランプの明かりが見えました。
事前情報によるとこちらからのご来光もかなり良いらしいですね(`・ω・´)
とはいえ今回は九州本土最高点からのご来光を見たい!ってことで来たのでここは次回ですな~


まだ暗いうちに中岳山頂到着。
30秒ほど開放すると東の空がほんのり明るくなってました。


反対側の久住山と阿蘇山。
登山者のヘッドランプが線となってます。こういうの撮るの大好き(@^∇^@)


そうこうしているうちに徐々に明るくなってきました。
iPadのアプリで日の出位置を前もって特定してたので、よさげなポイントを抑えて撮影準備完了!


中岳山頂プレートに他の登山者がビデオカメラ?を仕掛けてます。
最高点からの日の出動画は画になるでしょうね。
個人的にこの構図好きだったり。不思議と邪魔だとは思わなかったですね。


同じく陣取ってるおじさんにフォーカスをあわせてみました。てか背景もちっとボケてくれればよかったのー
おじさん、というかここにいる人全員かなり本気と書いてマジモードです。
すごい人はバズーカレンズ搭載デジイチ+サブデジイチを準備してツェルトに包まって待機してる人も。
気合の入れようがうちとぜんぜん違う・・・


雲に覆われた大船山+平治岳、なんだか神秘的です。


そしていよいよご来光!
いっせいにシャッター音が鳴り響きます。
九州本土最高点からの日の出、なんという贅沢でしょう・・・(´∀`)


後ろの天狗ヶ城も大勢の人がいました。
あそこからだと中岳がシルエットになるのかな。
いつか行ってみたいですなー


薄い雲から太陽が完全に顔を出した瞬間です。
このときもシャッター音がガシガシなってましたw


久住山もだんだんと赤く染まっていきます。


富士山と同じくらい神々しい・・・
ちなみに横に陣取ってたバズーカ持ってた常連さんらしき人によると今日のご来光はまずまず良かったとのこと。
雲が出てるから逆に画になったのかのー?


さていつまでもここにいるわけにもいかないし、何より体が少し冷えてたので早く温泉に入りたい。
ってことで中岳直登コースを下り、白口谷経由で法華院へ向かおうとしましたが・・・

土石流多発につき通行をご遠慮くださいという看板が。
とはいえ通行止めとはかかれてなかったので進んでみたんだけど・・・

えーっと、ここはやめたほうがいい。
危ない。

ちなみに2時間後くらいに戻ってよかったと心から思う看板がありました。

とりあえず先ほどの地点まで戻って素直に白口岳経由の中級コースで下ることに。
ちなみにこのときだけ曇りやがった・・・くぅ


ここの登山道は滑りやすい泥が多く、また岩場もあるので油断禁物です。
このとき足滑らせて左手負傷してしまいました(´・ω・`)
手袋してたので酷くはなかったものの一部えぐって出血してたのでとりあえず水で洗って絆創膏で応急処置っと。
水ってカップヌードル食うだけじゃなくてこういうときに役に立ちますね(≧∇≦)ъ

ちなみにちょっとだけ紅葉してました。
って結構な斜度があります。
カメラに水準器がついてるのでこういう時役に立ちますね。


そして無事下って白口岳を振り返ります。


そして法華院温泉手前の合流地点の看板発見。
さっき見たときよりこっちのほうがやばいって一目で分かる。
白口谷のところもロープ張っておいたほうがいいと思う、これ。

7月の豪雨で土石流発生
で通行止めだそうです。良い子は絶対に近寄らないようにしましょう。

無事に法華院温泉山荘に到着。
さてここで温泉を堪能・・・


・・・したかったのだがちょうどお湯を入れ替えてる途中で半分くらいしかねぇw
受付でしばらく待ってたんだけどもうこの汗を早く流したかったので許可をもらって入れさせていただきました。


たっぷり50分くらい半身浴を楽しんだ後、向かう先は・・・

そう、ついに挑むラスボス(勝手に命名)です。


[edit]

« 10/7 くじゅう連山登山 法華院~三俣山本峰  |  疲れたぁ・・・ »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fizzrand.blog90.fc2.com/tb.php/249-f5e49f4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

最新記事

プロフィール

訪問者数

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

ブログランキング

検索フォーム