07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

5/3~6 東北巡り 1日目 

5月後半の連休に茨城の友人和泉屋氏と東北の被災地を巡ってきました。

目的は2つ。
一つは状況をテレビでなく実際の目で見たかったため。テレビでは伝わらないものを感じ取ってこよう。
地震から1年2ヶ月ほど経ち、どれほど復興しているのか。今しか感じ取れないものを感じ取りたいですね。

もう一つは支援のため。うちの会社で物資の支援や後援会など被災地の支援を行っています。
とはいえ今回個人レベルで大量の物資を持っていくわけには行かないし(飛行機だし)役所もしまってるので、
現地でおいしい食べ物食べてたくさんお金を落としていこう!
という間接的な支援をすることに。
いつもぎりぎりのお金で旅行するけど会社役員などのスポンサーがついて資金もちょっとだけ余裕があります(`・ω・´)

ちなみに5月3日の東北は大雨。とにかく酷かった・・・
とりあえず3日深夜に羽田空港に到着し友人の車で日立市まで。
そこで仮眠した後3日朝に移動開始!

渋滞情報見るとこんな感じ。
まぁこれくらいは想定内だし下道使いつつ渋滞避けながらいくのでそこまで気にしてません。
ちなみに福島市付近は下道使って移動したんだけど国道は渋滞してる様子はなくかなりスムーズ。
最初の目的地は仙台です。


仙台空港周辺に行くとこんな感じで瓦礫が積まれています。
とりあえずかき集めて置いてるって感じの状態で特に処理はされてないようです。


1Fが津波にやられた空港が見えてきました。


津波の影響か、標識が傾いてます。
近くに空家があったけど、1Fは完全にすっぽり抜けてる状態。1年たっても空港近くにぽつんとあると異様な光景です。


この後海岸付近へ行ってみました。
とにかく雨と風が強い中撮影するの大変・・・
防潮林が無残に立ち枯れています。


近くに1階が流された家があります。




この後は名取市の閖上地区へ。
この付近で津波の最も酷かった地区です。

橋を渡った先には目を疑う光景。
何もありません。言葉も出ません。


iPadの地図で確かめるとそこには確かに街がありました。


ここだけ見ると復興してるって感じは全くしません。ただがれきを片付けただけ。


道路や堤防も荒れ果てたままです。


近くに集積場がありました。大量の瓦礫の山ができています。
さすがにこの瓦礫を処理するのに現地だけじゃつらそう。
とはいえこの付近に簡易焼却プラント作って処理できないものか・・・こういうのって埋め立ても難しいんだろうな~




次に向かった先は石巻市。ここで社員の親戚が亡くなっています。
南浜地区に行きましたが地盤沈下の影響なのか、かさ上げした道路の横は水が溜まっています。


公園が瓦礫の仮置き場に。


学校も酷い有様。3Fまでやられています。


学校がこんな状態でほかが無事なはずがありません・・・
家がわずかに残っているようですがとても人が住める状態じゃないです。


学校近くにあった寺は意外に無事。中は完全に抜けていましたが原型をとどめています。周りはすべてやられているだけに不思議ですね・・・


誰かが置いたのか、無残な自転車があります。この家の物だったのでしょうか。
こういうの見ると言葉が出ません。


復興には程遠いですが近くではこういうのぼりもありました。


しかし大雨のせいで街が冠水しており危険。この先は完全に冠水していたためUターンし別の道へ。


港近くにはこんな大きなものが放置されています。10mはあるでしょうか。


この時点で日の入を迎えたため、この辺で終了。
石巻市から少し内陸にある登米市で宿を取りました。
皮肉にも地震のボランティア受け入れなどでこの付近の宿は繁盛してるようです。
近くの居酒屋をはしごし地元の食材を中心に食べてきましたよ(`・ω・´)



明日は南三陸町から始まります。


[edit]

« 5/3~6 東北巡り 南三陸町編  |  4/29~30大山登山 近辺散策編 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fizzrand.blog90.fc2.com/tb.php/218-c38ffe92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

最新記事

プロフィール

訪問者数

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

ブログランキング

検索フォーム